調弦のコツ② | コンポーザーギタリスト瀬戸輝一のブログ

コンポーザーギタリスト瀬戸輝一のブログ

2011年より毎日更新中!
日々の出来事や音楽日記書いてます。


テーマ:
 ポイント1
高音弦は少し高めに、低音弦は少し低めに合わせる。

オーケストラなどでもそうですが、高音系の楽器が低く、低音系の楽器が高いチューニング
だと、とっても不安定な響きになります。


 ポイント2
調弦は演奏する曲によって微妙に変わる!

曲の調やよく使う和音・ポジションによって変わります。
ちなみに3度の音は少し低めに合わせた方がしっくりきます。


このようなコツについてはチューナーで合わせているだけでは出来ません。
自分の耳で判断することが重要です。


また、楽器や弦の状態が悪いといくら調弦をしてもしっかり合わないことも。
開放弦で合わせた後、12フレットを押さえて弾いてみましょう。
オクターブになりますが、状態によってはこれが合わない。。。
不良品の弦や古い弦、楽器のレベルによってこんな事態に。
わからない場合は専門家に診断してもらいましょう。


調弦をしっかりして、豊かなギターライフを♪

前回の記事はこちら →「調弦のコツ」
ペタしてね読者登録してね
初心者のためのギター講座

瀬戸輝一 official HP

てるさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス