左手のフォーム【実践編】 | コンポーザーギタリスト瀬戸輝一のブログ

コンポーザーギタリスト瀬戸輝一のブログ

2011年より毎日更新中!
日々の出来事や音楽日記書いてます。


テーマ:
前回の考え方を理解してもらったところで写真で説明します。

$ギタリスト瀬戸輝一のブログ-IMG_1042.jpg
3の指は指板に対して垂直になるように

$ギタリスト瀬戸輝一のブログ-IMG_3225.jpg
親指の位置・・・3の裏側

高音弦を押さえる時には親指も半分より下側にあった方が良い。
低音弦を押さえる時には上側に。
ただ、ネックの上側に親指が出ないよう注意してください。
※フォームギターやエレキギターでは親指を上に出しているフォームで弾いている場合があります。
 これはクラシックギターに比べてネックが細いからです。

ポイントは肩・肘・手首が力まないこと。
力が必要なのは指先だけです。それも必要最小限に。

左手の指先は最初の内、固くなったり、タコができたりします。
ですが、余計な力が抜けてくれば固くならなくなります。
ギターをたくさん弾いたから固くなるわけではありません。

ギターではどちらかというと左手の方が難しいと思います。
しっかりとマスターしてくださいね♪


初心者のためのギター講座

瀬戸輝一official HP

てるさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス