右手のフォーム【実践編】 | コンポーザーギタリスト瀬戸輝一のブログ

コンポーザーギタリスト瀬戸輝一のブログ

2011年より毎日更新中!
日々の出来事や音楽日記書いてます。


テーマ:
今回は写真で説明します。

$ギタリスト瀬戸輝一のブログ-IMG_3384.jpg
まずは肘の位置。
ブリッジの延長線上かその少し外側くらい。
ギターを構える角度や腕の長さによっても変わってくるとは思いますが。あくまで目安で。

$ギタリスト瀬戸輝一のブログ-IMG_6929.jpg
p指が外側に(ネック側)出ている。

$ギタリスト瀬戸輝一のブログ-IMG_3955.jpg
手首と表面版の間をコブシ一つくらいあける。

$ギタリスト瀬戸輝一のブログ-IMG_5686.jpg
i、m、aは斜め左側が弦に当たるような角度。


肘の位置を決めたら、手首から先を脱力します。
pを少し外側に、そのほかの指を軽く握ります。
p指を弦にのせると大体良いフォームになるかと。

注意点
・pとiで同じ弦を交互に弾いた時に、互いの指先がぶつからないように。
・pで高音弦を弾く時や、i、m、aで低音弦を弾く時は手首の位置ごと変える。
 そうでないとフォームが変わってしまう、もしくは弾けない。
・弾く時に手首が動かないように。あくまで指だけで弾弦します。

身につくまではこまめにチェックしながら練習するようにしてくださいね。


初心者のためのギター教室

瀬戸輝一 official HP

てるさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス