左指を押さえる位置 | コンポーザーギタリスト瀬戸輝一のブログ

コンポーザーギタリスト瀬戸輝一のブログ

2011年より毎日更新中!
日々の出来事や音楽日記書いてます。


テーマ:
今回は左指の押さえる位置についてです。

みなさんは例えば3フレットを押さえる時にどこを押さえていますか?
「そりゃ、3フレットだよ!」
ってそうなんですが・・・。
下の4枚の写真、どれが正解でしょうか?
$ギタリスト瀬戸輝一のブログ-IMG_4292.jpg

$ギタリスト瀬戸輝一のブログ-IMG_9017.jpg

$ギタリスト瀬戸輝一のブログ-IMG_7230.jpg

$ギタリスト瀬戸輝一のブログ-IMG_4827.jpg

答えは①
できるだけ、フレットのすぐ脇を押さえると良いんです。
実際に試してみてくださいね。
②と③は音は出せますが、力をしっかり入れないといけませんよね。
④はフレットの上を押さえた状態。詰まったような音になってしまいます。
①が一番少ない力できちんと音が出ます。

コードフォームの図を見ると大抵、フレットの真ん中辺りに押さえる黒丸がありますよね。
このブログで紹介した図もそうです。例えばC
$ギタリスト瀬戸輝一のブログ
これを見ると②のように押さえると思いますよね。

もし押さえる位置まで考慮すると
$ギタリスト瀬戸輝一のブログ
こうなります。
でも、上の方がみやすいですよね?
ですから、真ん中に黒丸があります。

弾いてて「音がちゃんと出ない」
っていう人は押さえる位置、確認してみてくださいね。


初心者のためのギター講座

瀬戸輝一 official HP

てるさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス