コードの表記 | コンポーザーギタリスト瀬戸輝一のブログ

コンポーザーギタリスト瀬戸輝一のブログ

2011年より毎日更新中!
日々の出来事や音楽日記書いてます。


テーマ:
性懲りもなくコードのことです(笑
コードって書き方がいろいろあるんです。
ちゃんと統一されてるわけじゃない。。。
それを説明します。

メジャーコード(どれもシーと読む)
C  
Cma
Cmaj
C△

マイナーコード(どれもシーマイナーと読む)
Cm
Cmi
Cmin
C-   

メジャーセブンス(どれもメジャーセブンスと読む)
Cmaj7
CM7
C△7

ディミニッシュ(どれもシーディミニッシュと読む)
Cdim
C-   
C。

フラットファイブ(どちらもシーフラットファイブと読む)
C-5
C♭5
C(-5)
C(♭5)

オーギュメント(どちらもシーオーギュメントと読む)
Caug
C+

マイナーセブンフラットファイブ
Cm7♭5
Cφ  (シーハーフディミニッシュとも読む)

テンションノートについては書いてませんが、こんなところでしょうか?
僕が知らないだけで、ほかにもあるかも知れません(笑

ただ、表記の仕方が違うだけで、構成音が変わるわけではありません。
あまり深く考えなくて大丈夫ですよ^^


初心者のためのギター講座

瀬戸輝一 official HP

てるさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス