同じ形で同じコード | コンポーザーギタリスト瀬戸輝一のブログ

コンポーザーギタリスト瀬戸輝一のブログ

2011年より毎日更新中!
日々の出来事や音楽日記書いてます。


テーマ:
前回、同じ形でずらすと同じコードになると説明しました。

説明に使ったEとFはどちらも6弦がルートです。
ですので6弦が開放弦だとルートがE
そこから

1フレット → F
2フレット → F#(G♭)
3フレット → G
4フレット → G#(A♭)
5フレット → A
6フレット → A#(B♭)
7フレット → B
8フレット → C
9フレット → C#(D♭)
10フレット → D
11フレット → D#(E♭)
12フレット → E

12フレットで1周してEに戻ってきました。
13フレットは1フレットと同じF、そこから先は同様です。

文字を使って書いてもわかりづらいと思うので図でも示しておきますね。

$ギタリスト瀬戸輝一のブログ

繰り返しになりますが、同じ形をずらすとルートだけ変わって同じコードになります。
ルート音はC~Bまで12音ありますから、1つのコードを覚えると12個のコードを
いっぺんに覚えることができるんですね。

コードフォームが載っている本などあったら確認してみてください。
同じ形で同じコードが見つかるはずですよ!

これで、あなたもコード博士!?


初心者のためのギター講座

瀬戸輝一 official HP

てるさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス