『カツオ人間ラーメン カツオ辛みそ味』 (株式会社 あいさと高知) | ドレミファ空4℃♪

ドレミファ空4℃♪

広く浅く音楽と付き合っています!


テーマ:
高知県生まれのマスコットキャラクター「カツオ人間」のイラストが描かれたパッケージが面白い『カツオ人間ラーメン カツオ辛みそ味』。

「カツオ人間」は、カツオのぶつ切り頭と人間を合わせたキャラクターで「キモカワ」キャラとして活躍中。出身は土佐沖、好きな食べ物は軍鶏鍋、趣味はサーフィン・一本釣り、性格はいごっそう・気まぐれ。「いごっそう」とは、「快男児」「酒豪」「頑固で気骨のある男」などを意味する土佐弁、ならびに高知県男性の県民性を表し、津軽じょっぱり、肥後もっこすと共に、日本三大頑固のひとつに数えられています。


販売者である(株)あいさと高知の「あいさと」は、阿波(徳島県)、伊予(愛媛県)、讃岐(香川県)、土佐(高知県)の四国四県のイニシャルを取ったもので、安全安心な「四国の隠れ名産品」を提供しています。



↑こちらが「カツオ人間」。カツオの頭を包丁でバッサリ切断。
骨と赤身が露出していて痛々しく、ちょっぴりグロい(^▽^;)
そして、時計に見えなくもない(笑)
過去にイベントで「まわし」が取れるハプニングも(笑)


話をラーメンに戻しまして…
中身は油揚げ縮れ麺、粉末スープ。


トッピングはイオンの「きのこ入りのもやしミックス(もやし・キャベツ・ぶなしめじ・まいたけ・にんじん)」、コーン、豚切り落とし。


「カツオ辛みそ味」とは、いかなるものか?味の想像がつかず、期待と不安を持っていただきました。


パッケージ裏面には「カツオ人間ラーメンの特長」として
・濃厚な鰹節の風味と味をベースに、数種の味噌や醤油を合わせコクのある味噌ラーメンスープに仕上げました。
・すりゴマやポークエキスを加えることで濃厚感を与え、香辛料を効かせることでパンチのある味に仕上げています。
と書いてあります。

油揚げ縮れ麺と粉末スープの組み合わせは、安いラーメンに多く大きな期待が出来ないのですが…良い意味で期待を裏切られました。

粉末スープは、濃厚なみそ味と香辛料の辛み、かつおエキスのバランスが絶妙!!かつおぶし粉末、ポークエキス、にんにく粉末、唐辛子、生姜粉末、かつおエキス、たまねぎ粉末などが使用されたスープの表面には、唐辛子の赤い粒などが浮いています。

程よいピリ辛感の濃厚味噌スープには、たっぷり野菜のトッピングが合います。カツオの香りはほのかに香る程度ですが、麺をすするとしっかりかつおダシの風味がついてきます。スープを飲むと、カツオの濃厚なダシを感じることが出来ます。こんなにカツオが味噌ラーメンに合うとは思いませんでした。


あいさとwebshop
http://www.aisato.info/ec/

もっちさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス