テラシー ドラム&パーカッション教室

テラシー ドラム&パーカッション教室

あなたの打楽器生活を応援する
"テラシー ドラム&パーカッション教室" のブログ。

打楽器のテクニックはもちろん、あなたの打楽器人生そのものサポートします。

打楽器で満たされた人生を手に入れよう!!


テーマ:



昨日は

諸橋あず  監督作品  

映画『おもひびと』『星の綺麗な夜だから』完成披露試写の舞台あいさつと映画音楽Liveでした。


映画音楽制作担当は

あずさんのバンド「Kazzas」 &テラシー。


昨年8月と12月の徹夜レコーディングしたやつね。




さて今回は、

【プロの現場】

という表現より

【諸橋あずさんの現場】

という言葉の方がぴったり来るでしょうか。。。



2019年1月19日  神戸ラピスホール

朝9時入り予定。


目覚まし時計を無意識に数回止めて、起床予定の30分遅れで、なんとか起床。



朝食を摂る時間も無く、

譜面と譜面台をリックに投げ込み、

スティックケースを鷲掴んで玄関を飛び出した。



車に飛び乗り、凍ったフロントガラスがヒーターで溶けるのを待つこと5分。


なんとか前方を見通せる状態になったので発車オーライ!!

急げや急げ!!

阪神高速をぶっ飛ばしていざ神戸へ。


入り予定の20分遅れで無事到着。

機材を下ろして楽屋へIN。

とりあえずステージ見てみよー




すでに到着していたギターのカズとピアノのリンさん、リンさんの娘さんにご挨拶。



テラシー

「おはようございます!あれー

あずさんは??」


リンさん

「遅れてるみたい、、、」


テラシー心の声

(コンビニ寄る時間あったなー)



とりあえずドラムのセッティングして、その場にいるメンバーのみで軽くリハーサル。

小一時間経過。

あずさん、ベースのジュニアくん到着せず、、、、



テラシー心の声

(全員リハーサルの時間ないなぁ)



実は、映画の編集をお願いしていた方がインフルエンザで倒れてあずさん自ら編集作業をしていたとのこと。


ベースのジュニアくんも前日から編集に参戦していたらしい。


なのでお二人セットで到着が遅れていたのです。



開場30分前に

アイドルグループ『アンビシャス』のメンバー到着。


マイクチェックと音リハ。


僕たちの演奏で歌うであろうと予想した曲、2曲をやってアンビシャスさんとのリハーサルは終了。


あずさんとジュニアくんを待つのみとなりました。




開場時間10分前にあずさん、ジュニアくん到着。



楽屋へ入ったジュニアくんは、少し残った未編集映像の作業を。


あずさんは

出演俳優さんやアンビシャスに挨拶。



全員揃ったところで、すぐさま

ホールスタッフさんと本日の構成を打ち合わせる。


第1部

•『星の綺麗な夜だから』

音楽の楽曲演奏からアンビシャスLive(オケ使用)

•Kazzas  Live

•映画上映

•舞台あいさつ


第2部

•『おもひびと』

音楽の楽曲演奏からアンビシャスLive(オケ使用)

•Kazzas  Live

•映画上映

•舞台あいさつ



さあー

本番いこかー



あずさん、ジュニアくん、ホールスタッフさんなにやら

もぞもぞ…



編集した映像トラブルで上映できなさそう…


あらま、、、


映像のみはなんとか映せる状態のようです。




とりあえず、開場して

アンビシャスのLiveで繋ぐ。


構成再構築。


1部

『星の綺麗な夜だから』

•りんさんの娘さんのピアノソロ演奏

•アンビシャスLive(オケ使用)

•映画音楽の演奏

映像の作業のためジュニアくんのベースは無しで。


2部

•アンビシャスLive(オケ使用)

•『星の綺麗な夜だから』

映画音楽の演奏。

曲の間奏部分を長くとり、

後ろに映像流しながら舞台上で出演俳優さんによるシーンの再現。



ここまで決定で舞台は進んでいき、

後は野となれ山となれ(笑)


舞台上にいる僕たち演者はその後の流れはわからず、

舞台端からのあずさんの指示で

その場で演奏する曲をスタート。



テラシーは急遽、効果音も担当。

祭り太鼓の音をフロアタムとリムで再現し俳優さんの演技に合わせる。




監督がリアルタイムで

舞台を創る現場。



それに完璧に対応する

バンドメンバー、アンビシャス、出演俳優さん。



みんなスゲー!!

(僕も含めて(笑))


ドラムセットの前にいる、ギターのカズに、「次何やると思う?」って聞きながら(笑)

指示が来たら、すぐ譜面出して即演奏。



しまいには知らない曲の指示がくる(笑)



数秒のスキをつき、

舞台の反対側にいるベースのジュニアくんに、、、



テラシー

「この曲、知らん。

ビートは?テンポは?」


ジュニアくん

「重いスローバラードです。クローズドリムな感じでー、ピアノスタートなんで適当にINしてください!」



テラシー

「オケー、小節区切りで目で合図ちょうだいね!!」



いやー

オモロイ(笑)



知らん曲をジュニアくんの表情見ながら探り探りやる。



しかも本番(笑)

これぞプロの現場??


いや、諸橋あずさんの現場!!


『リアルオンタイムで舞台を創る』


いい経験させていただきました。

この現場をやり切った自分は

今後、どんな現場もやれる自信がつきました!!(笑)


♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫♫


あなたの打楽器生活を応援する

”テラシードラム&パーカッション教室”


◾︎レッスンのお申込みは↓

    🔸レッスンお問い合わせフォーム



◼︎Facebook

    🔸Facebookページ

     



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス