【保存版】性別の幻想から目を覚まし、正しく地球で遊びましょう | ゼロニュートラルな心と身体で生きるをお手伝い

 

 

 

心湖です流れ星

 

 

 

 

いや〜昨日はかなりどどーんと

ダウンしてました。

 

 

精神的にも落ち込んで

なんだか重たくて重たくて

どうなっちゃうのかな叫び

 

 

という感じでした。

 

 

 

しかし

 

 

2年前、去年の落ち込みと比べたら

もうあんな風になることはないのだと

改めて確認する機会となりました。

 

 

 

落ち込んだとしても

 

 

私は自分という土台から

落ちることはなく

 

しっかり

安全なところで

考えていけるんだと

 

 

改めて確認する機会となりました。

 

 

 

 

孤独感が

ぐーっと高まって

深まって

 

一瞬辛いような

苦しいような感覚に

なったのですが・・・

 

 

 

どこまでも

自分自身との調和

<自己調和>

が今世の目的なのだ

 

 

とはっきり認識した時のことを

思い出したら

 

 

あっという間に

負のエネルギーが去っていき

シュッと自分自神へと

戻ってこれましたキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

孤独感を私は本質では

嫌っていないのです。

 

 

孤独感は至福感

とイコール

 

それが私の解釈なのです。

 

 

 

 

しかし昨日は・・・

 

 

 

どよーんと

低い低級霊に憑かれた

そんな感覚で

 

孤独、辛い、孤独・・・

 

 

みたいな感覚が

私にやってきた。

 

 

 

 

でもですね

 

 

 

私の魂(本質)では

 

全然そんなことないんです。

 

 

 

 

どんな存在も

 

基本的には孤独であり

 

孤独とはネガティブな事実ではなく

 

宇宙の真実であるだけなのです。

 

 

 

 

 

それを私は

 

かなり前から知っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

自らの中で

 

 

陰と陽を統合し

 

 

自己統合を果たすこと

 

 

 

これが私の場合は

 

生まれてきた目的です。

 

 

 

 

魂によって

 

今世の目的は様々でしょうから

 

あくまで私の目的だと言えます。

 

 

 

 

 

この

 

自己統合を果たすために

 

昨日改めて向き合ったことがあります。

 

 

 

 

それは

 

 

 

女性性と男性性

 

 

という概念を

 

 

集合意識の囚われから

 

 

今一度解き放った

 

 

 

という作業でした。

 

 

 

 

 

 

 

長年、人類が共有してきた

 

 

集合意識における

 

 

 

女性らしさ(女性性)

 

男性らしさ(男性性)

 

 

 

というものがありますね。

 

 

 

 

 

 

しかし

 

 

 

結論から言ってしまいますが

 

 

 

私の場合

 

 

幼稚園ぐらいから

 

 

集合意識が抱えてきた

 

 

男らしさ

 

女らしさ

 

 

 

全く興味が湧かず

 

自分をそれに沿った人生に

導きたいと思えず

 

 

 

男らしさ、女らしさ

 

そこに何の意味もないし

 

そんなを信じて

 

生きても

 

何の目的も果たせない

 

 

 

と心底から思っている子供でした。

 

 

 

 

 

変ですけど

 

 

もう物心つく頃から

 

 

はっきりそう思っていたことを

 

 

今でもはっきり覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男らしさ

 

 

女らしさ

 

 

 

に則って生きている大人や子供を眺め

 

 

私にはない、私にはない

 

 

と感じていました。

 

 

 

 

別の星の生き物かな

 

くらいの気持ちで

 

恐らく見ていたのだと思います。

 

 

 

 

理解ができないし

 

私の中にはその引き出しがないのだ

 

とはっきり思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私にとっての

 

 

私は

 

 

男らしさ女らしさ

 

 

ではなく

 

 

あらゆる愛

 

 

が沢山入った存在だ

 

 

とだけ思っていました。

 

 

 

 

 

女か男かに

 

まるで意味がないと

 

感じていました。

 

 

 

 

 

人類愛

 

友愛

 

隣人愛

 

家族愛

 

兄弟愛

 

 

それらがあって

 

それらがある

 

以上でも以下でもなく

 

 

 

ただ、私たちは

 

愛の存在で

 

それを発揮するために

 

肉体を持って生まれてきた

 

 

 

そんな感覚だったのだと

 

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供時代

 

 

そんな風に思っていました。

 

 

 

 

しかし

 

 

そんなことを話す機会もなく

 

 

日々、日々、

 

 

地球の3次元的エゴと競争という

 

 

社会というものに染まるように

 

 

親や大人たちに導かれ

 

 

いつしか私自身、視界が曇って行った

 

 

ということだと思います。

 

 

 

 

 

大人たちが悪い

 

というよりも

 

 

そんな大人たちが

 

当たり前

 

 

というのが

 

 

2018年までの地球だった

 

 

と思うのです。

 

 

 

 

だから子供時代は

 

 

誰にも理解されないと

 

絶望したこともあったし

 

 

私がおかしいのかな

 

と悲しくなったことは

 

数え切れません。

 

 

 

 

結婚した頃は

 

 

究極的に

 

 

地球の3次元意識に

 

 

自分自身を思いっきりギアチェンジして

 

 

娑婆に没頭した時代でした。

 

 

 

 

 

しかし

 

 

 

娑婆に没頭して

 

10年経つ頃から

 

 

次のフェーズへ。

 

 

 

 

つまりは

 

 

 

自分の本質の声を

 

もう一度拾い上げ

 

 

 

娑婆で生きることと

 

魂の声に従うこと

 

 

両方の統合を目指し始めたのでした。

 

 

 

 

 

それから

 

 

4年くらい経ちました。

 

 

 

 

いろんな出来事がありました。

 

 

 

 

本当に大変でした。

 

 

 

しかし

 

 

全てのおかげで

 

 

今の私があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらゆる娑婆の幻想は

 

 

囚われは

 

 

全て本当に幻想なのだと

 

 

心底理解できました。

 

 

 

 

そして

 

 

幻想を楽しむのが

 

 

ここ地球なのだと思えば

 

 

とても心が軽くなりました。

 

 

 

 

幻想を幻想として

 

 

しっかり愉しむ。

 

 

 

それが地球の正しい遊び方です。

 

 

 

 

 

幻想が現実だと誤解したり

 

 

幻想を幻想だと幻滅したり

 

 

 

そういう方向へ進むから

 

 

時に私たちは苦しくなったり

 

 

わからなくなったりするのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうではなく

 

 

 

 

幻想

 

 

意識の持ち方で

 

 

180度違った世界になる

 

 

ということを

 

 

しっかり理解すること。

 

 

 

 

それから

 

 

 

幻想であるのだから

 

 

自分自神とは

 

 

どんな時でもしっかり分けて考えること。

 

 

 

 

 

 

幻想と魂の本質の真実を

 

 

うやむやにして捉えた時

 

 

私たちは混乱し、

 

 

いろんなことが理解できなくなるのです。

 

 

 

 

 

そんな時

 

意識は曇り

 

視界も曇るのです。

 

 

 

 

私が子供のころ

 

 

現実で体験することと

 

魂の本質の声が

 

 

あまりにも違うのに

 

それをイコールで考えなくちゃ

 

と思っていたのでとても混乱しました。

 

 

 

 

 

 

40年の体験から

 

 

今やっとわかりました。

 

 

 

 

 

現実で体験すること

(幻想)

 

 

魂の本質の声

 

 

とはイコールではなく

 

完全に別物なのです。

 

 

 

 

 

思考が現実化する

 

という

 

スピリチュアルな考え方がありますが

 

 

 

それは

 

 

ある面では真実であり

 

ある面ではそうではないのです。

 

 

 

 

この宇宙には

 

地球世界で具現化してる

 

(かのように見える)ことよりも

 

さらに大きな視点、世界が存在しています。

 

 

 

そこも含めて

 

考えるかどうかで

 

様々な考察が変わってくるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が昨日

 

ちょっと混乱してしまったのは

 

体調を崩してたのもあり

 

エネルギーシールドが弱まってしまって

 

 


そんな影響で

 

 

 

幻想(現実世界)

 

 

魂の本質の真実

 

 

との区別がうやむやになり

 

 

混乱してしまったからでした。

 

 

 

 

 

しかし

 

 

 

 

一夜明けて

 

 

 

私は正気を取り戻しました。

 

 

 

 

自分自神へと還ってきました。

 

 

 

 

 

とても安堵し

 

これを書いています。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

今日書いていることは・・・

 

 

わかる人にはわかるけれど

 

 

わからない人にはわからない

 

 

そんなお話になってしまっています。

 

 

 

 

 

すみません。

 

 

 

 

 

さて、本日のテーマについて

 

 

最後にまとめます。

 

 

 

 

 

 

男らしさ

 

女らしさ

 

 

というのは幻想です。

 

 

 

地球の低次元の波動によって

生まれた集合意識の概念が

 

男らしさ女らしさ

 

なのです。

 

 

 

 

 

宇宙的な真実としては

 

 

 

全ての存在の内に

 

 

陰と陽が存在し

 

 

それが様々な彩りとして

 

 

時によって姿を変えて現れる。

 

 

 

それだけなのです。

 

 

 

 

優しさ

 

思いやり

 

 

という光が

 

様々な形で現れる

 

 

それが真実です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性は

 

 

男性は

 

 

 

というくくりで世界を見る

 

 

 

というのは

 

 

 

宇宙的にはとても制限的な意識

 

 

と言えます。

 

 

 

 

 

しかし

 

 

 

その制限的な意識で世界を

 

眺めている人が

 

おそらく現時点では90%

 

と言えるのではないかな。

 

 

 

 

ということは

 

 

 

今私が書いていることは

 

 

読んでくださる方の

 

 

10%にしか理解頂けないわけです。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女らしく

 

 

男らしく

 

 

 

 

私の中には生まれた時から

 

 

ないのです。

 

 

 

 

 

女らしくあることで

 

安心手形を手に入れたと

 

信じる女性たち。

 

 

 

男らしくあることで

 

どうにか命が守られると

 

信じたい男性たち。

 

 

 

そういう人が

 

まだこの地球の90%

 

だとしたら・・・

 

 

 

 

私が書いていることは

 

まだまだ届かない時代なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピリチュアルに開いた人たちも

 

 

90%は

 

 

女性って

 

女らしさって

 

男性って

 

男らしさって

 

 

という枠から抜けられていません。

 

 

 

 

女性性を開くことで

 

幸せになる

 

 

という考え方は

 

 

宇宙的には

 

偏ったあり方です。

 

 

 

 

 

人間はみんな

 

 

女性性と男性性との

 

 

両方があります。

 

 

 

 

その両方を

 

 

花開かせながら

 

 

統合させていくこと

 

 

 

 

それがとても大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時に

 

 

多くの人が誤解していること。

 

 

 

 

それは

 

 

女性性=女らしさ

 

 

 

という発想があることです。

 

 

 

 

そもそも

 

 

女らしさという概念は

 

 

宇宙には存在しません。

 

 

 

 

 

 

物事には

 

流動的な

 

様々な極性がある

 

 

 

というのが真実です。

 

 

 

 

それを

 

 

自らを眺め受け入れることで

 

 

総合的に自分自神を

 

 

開花させていくこと。

 

 

 

 

 

それが

 

 

至福への道です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女らしさ

 

 

男らしさ

 

 

という幻想に囚われたまま

 

 

この世界を創造している人たちが

 

 

この先、どんな風に意識を

 

 

シフトアップしていけるか。

 

 

 

 

それによって

 

 

今度の世界の方向性が

 

 

決まっていくのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

あくまでも

 

 

世界はこれまで通りの

 

 

男らしさ

 

女らしさ

 

 

の幻想を抱えたまま進むとしても

 

 

 

 

私は私の魂からの囁き

 

それに耳を傾けて

 

世界を眺めていきたいと思いますハート

 

 

 

 

 

 

今日もお読みくださり

 

ありがとうございましたハート

 

 

 

 

 

心湖(シンフー)