まず最初に、ペニー・レインを演じた、ケイト・ハドソンがめっちゃかわいい。(≧∇≦)

 

そして、70年代のロックの話なんだけど、ファッションがいちいちオシャレで、観ていて楽しかったです♪

 

今だからこそ、あのレコードがたまらない!

 

ストーリーは15歳で実際に記者となった監督の実体験を元にしたモノだそうです。

 

グルーピーのペニー・レインに恋をする主人公だが・・・。

 

最初から最後まで、青春のモヤモヤと楽しい雰囲気が漂っていて、良かったです!

 

深夜に電話しても、イロイロとアドバイスしてくれる、記者の先輩がいいですね。

 

最後の方で死にそうになって、暴露合戦するところとか、笑えた。( ´艸`)

 

ラストの展開も良かったなぁ。

 

私が気になったのは、冒頭と最後に出てくる、主人公のお姉さん役の女優さん。

 

かわいいコだなぁ、と思って観ていたら、何と!ズーイー・デシャネルだった。Σ(・ω・ノ)ノ!

 

「(500)日のサマー」の時と、顔が違い過ぎる!

 

めっちゃ、ぽっちゃりしてるよ・・・。

 

あんなキレイな女優さんでも、こんな過去があるのね。Ω\ζ°)チーン

 

でも、終わりの方で赤い服を着ているズーイーがかわいかったから、許す!(←何様?)

 

主人公の男のコもマジメでピュアな感じがハマっていて、かわいらしかったですね。(*´ω`*)

 

字幕で観たから、途中ちょっと眠いところとかもあったけど、ステキな音楽とファッションに囲まれて、全体的に好きな感じの映画でした。

 

また、テレビでやってたら、たぶん観ちゃうと思う。

 

そんな映画です!

 

 


にほんブログ村

AD