「告白」★★★☆☆

テーマ:

 

最近、湊かなえさんの小説が面白そうだなぁと思って、本屋さんで良くチェックしちゃいます。

 

まだ、「告白」と「境遇」の2冊しか、読んだ事ないんですけどね。(;^_^A

 

映画化された作品だと、父が「北のカナリアたち」が面白かったって言ってたので、興味があります!

 

原作を先に読んでいて、あのイヤ~な感じをどう映像化するのか、気になって観てみました。

 

最初から最後まで、何とも言えず、暗い雰囲気が漂っています。

 

でも、映像として見ると、不思議と見応えがあって、暗いって言うより、何となくキレイな感じもしました。

 

映像美って言うんでしょうか?

 

監督は「下妻物語」の人なんですね。

 

内容は全然違うんですが、わかる気がします。

 

ストーリーは娘を殺された教師が復讐をすると言う、原作通りです。

 

原作を読んでいると、先の話がわかるので、少し物足りないかもしれません。

 

先に原作を読んでなかったら、かなり面白かったかもしれないけど、私は読んでなかったら、ビビってましたね・・・。

 

だから、個人的に、ミステリーは苦手なんだけど、ストーリーがわかってるせいか、安心して観る事が出来ました。

 

出演者の一人、橋本愛ちゃんはあの頃から、もうすでにあの存在感で、素晴らしいです!

 

彼女だけ、キラキラと輝いて見えました。

 

能年玲奈ちゃんも出てたらしいんだけど、どこに出てたかわかりませんでした。(>_<)

 

原作より、映画の方が怖い感じがしますね。

 

原作小説と比べると面白いって言うより、映画の方はキレイなんだけど、残酷な描写もあって、観ていてあまり気分のいいモノじゃないです。

 

小説は間接的に描いてるけど、映画は直接的な描写があるからかな?

 

映画だと、血とかダ~ッ!ですからね。

 

小説の方が心理描写は細かいように思いました。

 

でも、他の映像化された、湊さんの作品も観てみたいです。

 

映画だけじゃなく、ドラマ化された作品も気になります。

 

もちろん、小説もたくさん読んでみたいですね!