今日、観た映画はブルーレイも買ったばかりの「あの夏、いちばん静かな海。」です!

 

名作なので、文句なしの星5つです。(≧∇≦)

 

とにかく、ネタバレがイヤな人なので、ストーリーなどにはあまり触れずに、思った事を書きますね。

 

とは言っても、話は特にこれと言った事はなく、耳の聞こえないカップルが、サーフィンをするってだけです。

 

主人公がサーフィンにハマり、恋人の女のコはそれについて行ってるって言うだけですね。

 

主役を真木蔵人さんが演じているのは、結構有名だと思います。

 

恋人を演じる大島弘子さんは、この作品でしか見た事ないですね。

 

これ一作で消えていった印象です。(>_<)

 

ここまでの名作のヒロイン役に抜擢されながらも、その後、女優として人生を歩む事がなかったのは、やはり映画は役者より、監督の力によるところが大きいと言う事でしょうか?

 

それとも、北野監督がそうゆうタイプの監督なだけでしょうか?

 

でも、彼女が他の作品で違う役を演じているのは、想像出来ないくらいの、ハマり役です!

 

あと、そんなに美人ではなく、普通っぽいところもいいですね。(´▽`)

 

あんまり、女優さんって感じがしません。

 

今、見ると、脇役の女の人が平野ノラさんみたいで面白いです。( ´艸`)

 

淡々と進む物語の中で、印象的なシーンがあります。

 

途中で主人公はサーフィンの大会に出場するのですが、耳が聞こえない為、聞き取れず、出場を逃してしまいます。

 

そのあたりが、とても繊細に描かれていて、いいなぁと思いました。

 

北野監督の作品はヤクザとか出て来て、怖い印象があったので、あまり観ていませんが、時代劇からコメディや、このようなラブストーリーなど、様々なジャンルの作品を作り出していて、どれも面白いのがすごいですね!

 

個人的には「キッズリターン」がイマイチだったんだけど・・・。

 

でも、あれは結構ブルーな時に観て、ああ、人生ってそんなもんか・・・、結局そうなるのね・・・、と、最後、後ろ向きな感想を抱いたのですが、他の人のレビューとか見ると、ラスト、前向きにとらえている人が多い事に驚きました。

 

「キッズリターン」はバイク事故後の第一作目なので、事故にあって、たけしも悲観的になっちゃったんだな・・・と思ったんだけど、違うんですね!

 

そうゆう意見を見たり聞いたりすると、もう一回観なきゃな!って思ってしまいます。

 

話を「あの夏、いちばん静かな海。」に戻しますが、ラスト涙ダ~ッだと、昨日、書きましたが、確かにあの音楽が流れると、条件反射的に涙が出そうになります。

 

でも、何となく、号泣系の涙ではなく、ジーンと心に迫る感じの涙でした。( ;∀;)

 

これほどまでに、何気ないストーリーを、ここまで切なく描けるなんて、すごいです!

 

ああ、夏が終わり、恋が終わり、青春が終わったんだなぁ・・・、と切なくなりますね。

 

夏の終わりを感じる一作です。

 

 

ちなみに、私は楽天でブルーレイを買いましたが、アマゾンの方が安いけど、ポイントが付くので、個人的には楽天の方がお得でした♪