⑤『バブル崩壊に学ぶ』 | 江坂のランチェスター税理士 寺島 義雄(なにわの孫さん)

テーマ:
大和証券の営業マン時代⑤ 『バブル崩壊に学ぶ』

(1990年 バブル崩壊直後 誠心誠意顧客に尽くす)


1990年が明けた。
意気揚々の初出社。みんな目を輝かせていた。

しかし、なぜか初日の株価は下落から始まった。
その後も毎日ずるずると下がり続ける。
なぜこんなに下がるのか。原因はだれにもわからなかった。

1990年4月。日経平均は2万8千円。
なんと4ヶ月で1万円以上も下がってしまったのだ。

こうなるとすべての顧客が損失をこうむり、もうボロボロだった。
買う余力がある顧客なんてひとりもいない。
それでもノルマが減ることはなかった。

「この損どうしてくれるんだ!」クレームの電話がかかってくる。
お客なんて勝手なもんだ。
儲かっているうちはいいが、損をし出すと営業マンのせいにする。
その筋のひとに脅され、監禁されそうになったこともあった。

当時一番の顧客だったある会社の社長。信用取引で損が数億円に膨らんだ。
そのときから電話をしても一切出てくれなくなった。

「自分の判断でやってるんだからこっちには責任がない」と開きなおることもできず、すぐさま自宅に謝りに行った。
ところがいるはずなのに出てきてくれない。

次の日の夜。また訪問したが、今度も居留守。

毎晩続けて一週間。やっと出てきてくれたと思ったら、塩をまかれた。
それでもめげずに通い続ける。

二週間でようやく口をきいてもらえるようになった。
一か月で家の中に上がらせてもらえるまでになった。

「損したのは、あんたのせいじゃないとわかってるんやけどね」
やっとまともに話ができた。
その日は、社長の生い立ちや商売のことなど、初めて聞く話も多かった。

実は本業ではかなり利益が出ていたらしい。
バブル崩壊ですべてを失うことにならなかったのが救いだった。

なにわの孫さんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス