つい先日、10年ぶりでしょうか。

 

クロモジ(黒文字)の注文が電話ありました。

 

クロモジは生薬名は釣樟(ちょうしょう)

 

つま楊枝の別名でもあるそうです。つまようじはクロモジの木からつくるようです。

 

伊沢一男先生の薬草カラー図鑑で調べると、いんきん・たむし・水虫などに

 

クロモジを煎じたもので、患部を洗うとかいてあります。

 

ご注文のかたの目的を聞くと、膝の関節炎(症)に使うのだそうです。

 

  これは、私の蔵書にもこの効能はのっていない。

 

時に、意味不明な目的で生薬を買いにこられる方がいます。