ある広島の大きな本屋で、立ち読みをしていて【がんの健康サポート】なる本を見つけました・

 

東京のがん研有明病院漢方サポート科の先生の著作でした。

 

主にがん術後体力回復や抗ガン剤の副作用防止に、症例では使われているようです。

 

新薬との併用などもあり、漢方薬の使用する分量が少ないのが気になります。

 

主に、オウギ・ニンジンなどの補剤を中心にした十全大補湯や補中益気湯などが

 

中国の病院のように、煎薬にしたら、もっと効果がでるのではないか思います。

 

市販のエキス剤では、医療用・一般用も含めてエキス量が少ないようです。もっとエキス量を

 

多くしないと・・・