漢方薬にも、症状に応じた風邪薬がいろいろあります。

御存じ、葛根湯(かっこんとう)、インフルエンザに麻黄湯(まおうとう)などが、有名どころです。でも漢方薬は症状に応じて薬の種類を決めます。これを方証相対(ほうしょうそうたい)といいます。

葛根湯の証は、悪寒・発熱・肩こり・汗なしの条件を言います、麻黄湯は頭痛・発熱・身体疼痛・悪風・汗なし・喘するものとなっています。

じゃ、汗の出る風邪には、桂枝湯(けいしとう)、汗が出て、発熱がないか微熱で、悪寒があるなら麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)が良いとなります。もちろん条件により他の漢方薬が使われます。

ですから、使う条件を整えて漢方薬を使わないと、治るどころか長引かせる事になります。

で、本題ですが、熱なく、悪寒して軽く咳がでて、痰がすくない風邪には、ジオウ・バクモントウ・テンモントウなどの入った滋陰降火湯(じいんこうかとう)が良く効いています。

 

一度、風邪のかたお試しを

 

→寺町漢方薬局

 

 


漢方薬ランキング