こんばんは。

 

名古屋市千種区池下にある個性ある子(発達障害、学習障害、不登校、グレーゾーンの児童生徒も大歓迎)の個別指導塾、フォレスト個別指導塾の撹上です。

 

本日は、春のような暖かさでしたね。

 

臨時休校の息子と自転車で一緒に移動しました。

 

運動にもなりますし、

 

新型コロナウイルスの感染リスクも下げられます。

 

基本的には・・・

 

東山線には乗りません。

 

 

本日の息子は・・・

 

予定通り英検と数学の勉強をしました。

 

私の仕事に付き合わせて、

 

職場で勉強をしていました。

 

親の仕事をする姿を見ることができ、

 

一石二鳥。

 

 

運動は・・・

 

自転車で12km走りました。

 

 

 

赤の字は・・・

 

私の字です(笑)

 

大人になっても小学校時代と変わらないのです。

 

小さい頃にきちんと書くトレーニングをしないと、

 

このようになってしまいます。

 

お気をつけください。

 

 

息子は、英検準2級の問題も合格ラインを超えるようになってきました。

 

大学受験生に教えるようなことも教えています。

 

それも理解できているのに・・・

 

小学校でおこなわれた英語のテストは・・・

 

0点

 

きっと「俺は英語はできる」と自信満々でいたので、

 

授業を聞いていない。

 

勉強もしていない。

 

真面目に取り組まない。

 

 

その結果・・・

 

0点

 

 

りんご aplle

 

公園 prak

 

etc.

 

単語を書かせるテストだったので、

 

練習をしていかないから、このような結果に。

 

 

これを理解していないと・・・

 

親子揃って不幸になります。

 

親「なんでできないの?」

 

子「たまたまだよ」(息子の弁)

 

親「真面目にやれ!

 

できないじゃない!!!!!」

 

子「・・・」

 

自己肯定感が下がってしまいます。

 

 

大学入試レベルの問題ができる子は、

 

apple、parkは当然書ける。

 

と思うことが間違いなのです。

 

 

その子の学習のくせを理解して、

 

その子に合わせた学習法をしていくことが重要です。

 

 

息子は、4月になったら、中1の1学期に習う単語を書けるように指導します。

 

テスト直前にも単語と英文が書けるようにしてあげないと、

 

高得点は難しいでしょう。

 

 

このレベルの英文を理解できるのに、

 

appleの練習をしなければならない。

 

これが・・・

 

個性ある子の学習なのです。

 

 

学習だけでなく、

 

その他のことも凸凹があることを理解して、

 

対応していくことが大切です。

 

 

3月22日にウインクあいちにて

 

「天才児の育て方講演会」を実施いたします。

 

ご希望の方は・・・

 

フォレスト個別指導塾のHPのメールから講演会参加希望と書いてお申し込みください。

 

定員は30名と少なくなっていますので、

 

お早めにお申し込みいただければと思います。

 

新型コロナウイルスの感染の状況によっては、

 

延期いたします。

 

 

算数オリンピックを目指す「りんご塾」をフォレスト個別指導塾内に4月よりオープンいたします。

 

料金等詳細に関しては、

 

りんご塾HPを参照してください。

 

 

無料相談を実施しています。

 

日程等はお問い合わせください。

 

 

スタッフを増やしましたので、塾生を大募集しています。

 

 

塾生でなくても、LINE@の登録ができます。

 

塾のある日は、毎日情報を発信していますので、

 

ご興味のある方はHPから登録してみてください。

 

 

Facebookでも情報を発信しています。

 

「いいね」をお願いいたします。

 

フォレスト個別指導塾HP

 

 

昨年12月より

 

車道駅の近くで児童発達支援事業を始めました。

 

未就学児でお困りの子がいる場合は、

 

ご連絡をいただければと思います。

 

フォレストキッズHP

 

フォレストキッズブログ