おはようございます。

 

名古屋市千種区池下にある個性ある子(発達障害、学習障害、不登校、グレーゾーンの児童生徒も大歓迎)の個別指導塾、フォレスト個別指導塾の撹上です。

 

昨日は、指導終了後、ジムへ行きました。

 

汗を流すと気持ちがいいですね。

 

やる気も出てきます。

 

精神的余裕もあると、

 

お袋にも電話をする気になるものです(笑)

 

実家に帰った時に、鰻をご馳走してあげる約束をしました。

 

親父と最後に食事をしたのも、鰻だったな〜とふと思い出しました。

 

親とあと何回一緒に食事をすることができるのかな〜と思うと、

 

少しでも会いにいってあげようと思います。

 

 

算数の問題を解いていると・・・

 

余白に汚い字でちょこちょこと計算をしている児童は多いものです。

 

「ノートは?」

 

「ない」

 

「裏紙をあげるからこれに書いて」と渡すと・・・

 

 

この児童のように、

 

書きやすいところから書いていく自由人がほとんど。

 

そのうちぐちゃぐちゃになって、どこに計算を書いたのかもわからなくなる。

 

その結果・・・

 

計算ミス。

 

息子は・・・

 

「正負の数の四則計算がマジ地獄」と言っています。

 

きれいに書かないから(わかるように書かないから)、

 

符号のミス

 

累乗のミス

 

が多いのです。

 

「きれいに書け!」と言ったところで言うことを聞かないのは、

 

どの子も同じ。

 

このような時、

 

私は、ABA(応用行動分析)で対応します。

 

すると・・・

 

かなりの確率で「私の言うこと」を聞いてくれます。

 

しかし・・・

 

その時だけのことが多いですね(笑)

 

 

計算を裏紙に書いただけですが、

 

このことから様々なことが類推されます。

 

・目先のことにこだわる

 

・見通しが持てない

 

・面倒なことが嫌い

 

・楽なことが好き

 

・自分に自信がある

 

・自由人

 

etc.

 

 

来年の中学入試組の指導をしているのですが・・・

 

才能はあっても、得点に結びつかない。

 

全員に「毎日、10問でいいので入試問題に出題された計算問題をやりなさい。

 

最初は、3問でも5問でもいいから、毎日やること。

 

大切なのは、ノーミスであるということ。

 

ちょっとしたミスだったと自分を許してはダメだよ。」と言っています。

 

 

息子も、現在のままだと、センター試験の数学2Bでは苦労することでしょう。

 

面倒な計算を素早くしなければならないので。

 

 

塾生全員の自由人である素質は潰したくはないですが、

 

得点力をつけるには必要なことがあります。

 

そこを納得させていくのが私の役目であると思っています。

 

 

無料相談を実施しています。

 

日程等はお問い合わせください。

 

 

スタッフを増やしましたので、塾生を大募集しています。

 

 

塾生でなくても、LINE@の登録ができます。

 

塾のある日は、毎日情報を発信していますので、

 

ご興味のある方はHPから登録してみてください。

 

 

Facebookでも情報を発信しています。

 

「いいね」をお願いいたします。

 

フォレスト個別指導塾HP

 

 

昨年12月より

 

車道駅の近くで児童発達支援事業を始めました。

 

未就学児でお困りの子がいる場合は、

 

ご連絡をいただければと思います。

 

フォレストキッズHP

 

フォレストキッズブログ