こんにちは。

 

名古屋市千種区池下にある個性ある子(発達障害、学習障害、不登校、グレーゾーンの児童生徒も大歓迎)の個別指導塾、フォレスト個別指導塾の丸一です。

 

季節の変わり目ということもあり、風邪が流行っていますのでみなさん注意してください。

 

本日はうちの生徒に多く散見される「文章問題が苦手」という子について書きたいと思います。

 

計算問題はすらすらとできるのに文章問題になった途端、わからないとフリーズしてしまう子が多くみられます。

 

そこでどうして文章問題が苦手な子が多いのだろうと調べてみた結果、文章問題は国語力と計算能力が合わさって解ける問題な為、計算できても国語力がないと解けないんですね。

 

でも中学受験を念頭に考えられている生徒にとっては文章問題が解けないと致命的です。

なぜならほとんどが文章問題になるからです。

 

文章問題が苦手な子は傾向として

 

・幼少期から本を読む機会が少ない(読みたがらない)

 

・人の話を最後までちゃんと聞いていないことが多い

 

・普段の会話を単語で済ませてしまっている

 

・問題を解くときに眺めているだけで手を動かしていないことが多い

 

・普段から「辞書を引く」ということをしていない

 

・漢字テストでありえない漢字を書いていることがある

 

などが挙げられるみたいですが、うちの子そうかも!って思われた方いらっしゃるのではないでしょうか

 

文章問題を解くコツとしては文章の意味を理解することです。

 

理解するためには

 

・音読

 

・絵や図に書いて表す

 

・あいまいな言葉の意味を調べる

 

ことが必要になります。

 

是非ご家庭の学習でも条件を読み落とさないように1文ずつ区切って音読しましょう。

 

この際、読んだ文章から計算できることを見つけ、少しずつ計算しておくことが必要となります。

 

また、最終的に「何を問われているか」のところを強調して声に出すようにしておくとよりよいと思いますので

是非やってみてください。

 

 

夏期講習会を実施いたします。

 

 

7月15日(月)祝日9:30〜11:30 ウインクあいちにて講演会を実施します。

 

「個性ある子の夏休みの過ごし方と勉強法」

 

無料で誰でも参加できます。

 

ご希望の方は、電話かメールでご連絡ください。

 

 

無料相談を受け付けています。

 

 

7月6日(土) 18:00〜18:50

 

7月7日(日) 9:00〜9:50

 

 

上記以外でご希望の場合でもぜひご連絡ください。

 

個性があるのだけど小学校受験をお考えの方にはお勧めです。

 

早期介入をすればするほど、効果が出ます。

 

ご相談はお電話をして日時を決めましょう。

 

電話(080-3392-8844   052-715-7858)でご連絡ください。

 

 

スタッフを増やしましたので、塾生を大募集しています。

 

 

塾生でなくても、LINE@の登録ができます。

 

塾のある日は、毎日情報を発信していますので、

 

ご興味のある方はHPから登録してみてください。

 

 

Facebookでも情報を発信しています。

 

「いいね」をお願いいたします。

 

フォレスト個別指導塾HP

 

Twitterでは、読んだ本の感想を述べています。

 

Instagramではリアルタイムの情報をお伝えしていきます。