おはようございます。

 

名古屋市千種区池下にある個性ある子(発達障害、学習障害、不登校、グレーゾーンの児童生徒も大歓迎)の個別指導塾、フォレスト個別指導塾の撹上です。

 

今朝のスタッフミーティングのメインは、

 

「国連子どもの権利委員会が日本に対して出した勧告」についてでした。

 

詳細はこちらから。(英語です)

 

 

フォレストの児童生徒に対して関係してくるようなところをいくつか。

 

障害のある子ども

 

(a) Regularly collect data on children with disabilities and develop an efficient system for diagnosing disability, which is necessary for putting in place appropriate policies and programmes for children with disabilities;

 

(b) Strengthen measures, supported with adequate human, technical and financial resources to develop and implement inclusive education in integrated classes, train and assign specialized teachers and professionals in integrated classes providing individual support and all due attention to children with learning difficulties; 

 

32 ・・・障害のある子どものインクルージョンのための包括的戦略を確立し、かつ以下の措置をとるよう勧告するものである。

 

(a) 障害のある子どもに関するデータを向上的に収集し、効率的な障害診断システムを発展させること。それは、障害のある子どもに対しての適切な政策やプログラムを整備するために必要だからです。

 

(b) 統合された学級におけるインクルーシブ教育を発展させかつ実施すること。学習障害のある子どもに個別支援およびあらゆる適正な配慮を提供する専門教員および専門家を養成し、統合された学級に配置すること。

 

 

34

(d) The increase in the diagnosing of children with behavioral problems with ADHD and their treatment with psychostimulant drugs, while neglecting social determinants and non-medical forms of treatment. 

 

子どもがADHDを伴う行動上の問題を有している診断および精神刺激薬によるその治療が増加している一方で、社会的決定要因および非医学的形態の処遇が無視され続けていること。

 

35

(e) Ensure that diagnoses of children with ADHD are thoroughly examined, that prescription of drugs is used as a measure of last resort and only after an individualised assessment, and that children and their parents are properly informed about its possible side effects and non-medical alternatives; and conduct a study on the root causes of the increase in ADHD diagnosis and psychostimulant drugs prescriptions. 

 

ADHDの子どもの診断が徹底的に調べられること、薬物の処方が最後の手段として、個別アセスメントをした後にのみおこなわれること。その子どもと保護者に薬の副作用の可能性や非医療的な代替手段について適切な情報を伝えられるようにする。 AHDHの診断と精神刺激薬の処方が増加している根本的原因についての研究を行うこと

 

 

その他、虐待のことや様々なことが書かれています。

 

日本政府の回答と日本語訳の掲載があるといいですね。

 

 

上記の件についてブログに書けないようなことをお知りになりたい方は、私に連絡をいただければと思います。

 

発達障害の子どもたちが生きやすい環境を整えていってくれるといいのですが。

 

フォレストでは・・・

 

特性に合わせた一人ひとりに対する指導

 

栄養学的アプローチと教育的アプローチを今までどおり続けて行きます。

 

ここでは書けない理由で、

 

栄養学的アプローチがメインにはなかなかならないと思うのですが、

 

効果はあるという臨床データを私はいくつも持っていますよ(笑)

 

 

 

 

朝からひたすら英文を読んでしまいました。

 

ボキャ貧であることを再確認。

 

過集中をしてしまう傾向があることも再確認。

 

少し回転し続けている脳を休めないと、爆発してしまいます(笑)

 

 

無料相談会も受け付けています。

 

栄養に詳しい妻もいますので、栄養系の相談がある場合はこの機会に!

 

妻が担当できるのは土曜日、日曜日の相談です。

 

2月7日(木) 17:00〜17:50

 

2月8日(金) 9:00〜11:50 13:00〜15:50

 

2月9日(土) 13:00〜13:50

 

2月10日(日) 14:00〜15:50

 

 

塾生を大募集しています。。

 

ご希望の方はお早めにご連絡をいただければと思います。

 

ご希望の方は・・・

 

メールか電話(080-3392-8844   052-715-7858)でご連絡ください。

 

 

Facebookでも情報を発信しています。

 

「いいね」をお願いいたします。

 

フォレスト個別指導塾HP

 

Twitterでは、読んだ本の感想を述べています。