本日もお読みくださいましてありがとうございます。

仙台@筋肉ふっくらエクササイズでやさしく心身整うトレーナー☆aiko☆です。

 

お見舞いに行っても、弱った姿を見られたくないと思っていないか、気になるんだ、、、

 

先日、知人に会った時に相談を受けた話です。

 

その知人Aさんには、ずっと小さい時からの親友がいて、その子が末期のガンで、もうすぐ旅立とうとしているとのこと。

 

もちろんAさんは、まだ認めたくない、信じられない気持ち。

 

職場から病院が近く、よくお見舞いに行くそうですが、話せないほどぐったりの日もあり、話せたとしても、日に日に弱っていく親友。

 

行っても、帰りには号泣してしまう自分。

 

その想いをさとられないよう頑張ったり、、、親友を無くす恐怖でメンタルも弱っていたAさん。

 

大切な大切な人を無くす恐怖と悲しさは私も理解しているので、痛いほどよくわかりました。

 

 

親友が、弱っている姿を見られたくないと思っているんじゃないか、とか考えると、お見舞いに行かない方がいいのかな、、、って思うんだよね。

 

Aさんはポツリと話しました。

 

その子はとても真面目で、強がりで、弱みを出さない人だから、無理して面会を受け入れているのでは、、、と思うそうです。

 

弱っている時は、そばにいてくれるだけで嬉しいと思いますよ。

 

そんな話をしながらAさんとの時間を過ごしました。

 

 

よくよく話を聞くと、本当は、自分自身が弱っていく親友を見るのが辛く、でもお見舞いに行かないと逝ってしまった後に後悔するだろうし、でも、見るのは本当に辛いし、、、と悩んでいました。

 

こうすると、どうなるか、、、

 

未来を予想して、行動する。

 

何気ないことですが、場合によっては負の連鎖におちいりやすいことですよね、、、未来を想像することは。

 

本当は見たくない。

 

でも、後悔が怖い、、、

 

先に逝ってしまう恐怖。

 

もっと早くに気づいてあげていたら、、、という後悔。

 

ただ、見送ることしかできない自分へのふがいなさ。

 

何かしてあげられることはないのか、、、と、あがく自分。

 

いかないで、、、置いていかないで、、、もう一度元気になって、、、

 

どうしようもない想いがめぐってめぐって辛い日々。

 

 

もちろん病気の本人が一番つらい。

 

でも、周りも同じように辛いんですよね、、、

 

乗り越えなければならない悲しみが待っているのですから。

 

手に取るようにわかる苦しさ、もどかしさ。

 

私は、こう答えるしかありませんでした。

 

顔をみるのが辛いなら、行かなくていいんですよ、、、想いは届きますから、、、行かなければ後悔するかもしれないという縛りは、余計にAさんを苦しめます、どんな選択をされても、大丈夫ですから。

 

 

ありがとう、楽になりました

 

そう、返ってきました。

 

行かない自分はひどい奴、薄情な奴、そう勝手にレッテルをはってしまっていたものが、

 

許されるんだ、、、

 

と気づいてほっとしたような、緊張がほぐれたような、そんな感じでした。

 

 

もうすぐ逝ってしまう大切な人と、残される自分。

 

私も、そんなはざまで苦しんだことがあります。

 

でも、今でも思うのが、見送ってあげられた幸せ。

 

知らない間に逝かれてしまうよりも、そばで見送れたこと、見送らせてくれたことに感謝しています。

 

 

ただ、先に旅立つだけ。

 

いつかまた、逢いましょう

 

これからも、生きていれば、大切な人を見送ることがたくさんあります。

 

そんな時は、自分の想いに正直でいたい。

 

悲しみでそんな余裕はないかもしれない。

 

そんな時に、このブログを読み返せるといいかな、、、

 

なんて思いました。

雪解け水

 

 

 

仙台・姿勢アトリエ りんのん堂

仙台・姿勢アトリエ りんのん堂 公式ホームページ

 

 

◯仙台市地下鉄富沢駅から徒歩7分のエステサロンをお借りしてます。 

◯出張パーソナルトレーニング:仙台市内・泉区・名取・多賀城・富谷・利府など近隣市町村で承っています。 

 

blogmura

ブログランキング参加中です。

友だち追加