広汎性発達障害(ADHDもありそう)な息子
6才の成長記録を書いています。
     ↓


子供達にとっても楽しくて忙しい週末になりました。

稲刈りとコスモス狩りの体験を町内の子たちで行きました。

今年は私含む2人が役員なので、10人の子供達を連れて田んぼアートに1年で4回出かけます。

会長さんが人を動かすタイプで自分は動かないだけあって、副会長の私は下準備に動く羽目になっています。

不満もあったけど、全部やります。って動いた方が気持ち的に楽になりました。

それでも、今回ズバズバ言う会長さんで良かったと思いました。

たっちゃんが手がかかる事も伝えていたし、様子を見てもらうとわかると思うんだけど、最初は全然伝わらなかった。
できて当たり前の事が出来ないのが発達くん。
テンション上がるし、そういう感情のコントロールが一番苦手なワケですが、そんなの通じないし、単なるワガママになるんですよね。

集団から外れる。勝手な行動をする。
お弁当はみんなと食べない、ビニールシートを少し離して1人で食べる。

帰りにイオンでアイスを食べる🍨予定なのに、1人だけ、綿菓子がいいと駄々をこねる。
最後にはバスでウダウダ泣く、かなりの重労働と暑さで疲れていたと思うんですが。

バスの席がママのとなりが嫌だ、1人で座りたい、ママあっち行って!とワガママを言う。

会長さんオババですが、いいよー!じゃあ、おばちゃんが代わりに隣になろうか??
怖いおばちゃんが隣の方がいいでしょ?と言って息子は黙った。

さすが、もうありがとうございます!って感じ。

何か色々面倒くさい人だと思ったけど、サッパリとしてる、この人だから、途中気にかけてくれたり、息子が手がかかる事もお構いなしにドーンっと受け止めてくれたんだと思う。

息子の人と違う変な感じのところも近所の子たちもウザ〜って思ってると思うけど、その捻くれ者(・∀・)がたっちゃんなんだと認識されてきたんかな!と感じた。
素直になって欲しいけど、仕方ない。
これが自然体なんだから。
近寄れば離れるという、そんな掴み所のない息子。
不思議くんです。

でも、息子は一日中凄く楽しかったって!

私はヘトヘトでしたが、神経すり減らしてるんで。
↓奇跡が起こる↓

↑持ってる男だね〜皆んなに笑われ、怒る!
面倒くセー男です。

コスモス狩り〜〜〜
お姉ちゃんと。笑顔がいいね!
嬉しいよ!!大好き!!
伝わってんかな?たっちゃんに。


↓ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ