TERAI OFFICIAL BLOG

寺井ゼミの日々を徒然と書いていきます。


テーマ:
みなさんこんばんは!
入ゼミ係の木村です。

今回は私が去年小論文を書いた時のことをお話ししたいと思います。
ただ書き方は人それぞれですし、これから書くことはあくまで私の考え方なので、
こういう書き方もあるんだなーぐらいの感じで読んでみてください。


さてさて最初に皆さんが考えなくてはいけないのが、
テーマや方向性だと思います。

私は最初、こういうテーマで書こう!と決めるところから始めたのですが、
なかなか上手くいかず…!
というのも、思い通りの文献がなかなか見つからなかったんですね。笑

なので、文献を探しながら方向性を決めることにしました。
一応ある程度のテーマは決めつつも、文献を探す過程でテーマも変わっていき、
結局最初に考えていたテーマとは少し違うテーマになりました。
もちろん興味のあること、書きたいことが書けるのが一番良いと思いますが、
難しい場合には、書きやすいものを書くというのもありだと思います。

また、ゼミ生が入ゼミ論文で選んだテーマをHPのゼミ員紹介のところに載せているので、
参考にしてみてください。


次は執筆について。
小論文の大まかな流れですが、
①論述文の要約
②自分の主張
③主張の根拠・理由
こんな感じで書きました。

議論せよってどういうことだろう?と思う方もいると思います。
私もよく分かりませんでした。未だによく分かりません。笑
私の場合は論述文に対する自分の立場を決め、その理由を書きましたが、
もっと良い書き方があるのかもしれません。

①については、2期の先輩の書いた記事に書いてあったこともあり、
論述文の要約をしました。
分かりやすく、正確に書くように気をつけました。

②は、①の論述文の主張に対して、自分はどういう主張をするか。
自分の立場を明確にします。私の場合反対の立場をとりました。

③は、他の文献を用いて、自分の主張の裏付け的なことをします。
根拠のない主張では説得力がないなと思ったので。

これにプラスして、それならどういった政策が必要か?など、
書いてみても良いと思います。(私は書きませんでしたが)

また、私はいかにレベルの高い内容を書くか、ということよりは、
しっかり論理的に議論をする、ということに重点を置きました。
他の人よりレベルの高いことを書ける自信がなかったので笑
せめてしっかりとした論理、構成で書こう、と。
考えているうちに論点がずれてくるということはよくあるので気をつけました。


長々と失礼いたしました。参考になれば幸いです!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。