猫アレルギーが良くなるかもしれないという記事がありました。

猫アレルギーにさようなら? =スイス社、ワクチン開発

猫にワクチンをうつらしいですがそれってどうなの?

猫アレルギーになっているのは人間ですよね?

 

当院での治療はアレルギーは自律神経のエラーであると考えて

治療していきます。

ちなみに猫アレルギーの原因は下記のようになります。

記事にあるようにFel d 1」が主なアレルゲンとは言い切れません。

  F-1蛋白質 - F-1 Protein

  F-2蛋白質 - F-2 Protein

  ネコのストレプトコッカスファエカリス - Cat Streptococcus Faecalis

  ネコのダニ - Cat Mites

  ネコのタンパク分解酵素 - Cat Protease

  ネコのフェロモン - Cat Pheromones

  ネコのふけ - Cat Dander

  ネコのペプシン - Cat Pepsin

  ネコのムチン - Cat Mucin

  ネコの上皮 - Cat Epithelial

  ネコの唾液 - Cat Saliva

  ネコの塩基 - Cat Base

  ネコの尿 - Cat Urine

  ネコの抗原 - Cat Antigen

  ネコの毛 - Cat Hair

  ネコの皮脂 - Cat Sebum

  ネコの糞便 - Cat Faeces

  ネコの胃酸 - Cat Gastric Acid

  ネコの蛋白質 - Cat Protein

  ネコの血清 - Cat Serum

 

Fel d 1」実際には下記のように複数また細かな

分類となります。

  Fel d

  Fel d 1

  唾液の糖蛋白Fel d 1

  皮脂様の糖蛋白Fel d 1

  Fel d 2

  Fel d 3

  Fel d 4

  Fel d 5

  Fel d 6

  Fel d 6w

  Fel d 7

  Fel d 7w

 

上記のようなアレルギーの誘因物質に患者さんが反応しているのかを

確認して複数反応しているものがあれば優先順位を確認し

自律神経のエラーを正しく条件付けすることで反応がなくなり

症状が出なくなっていきます。

犬やほかのアレルギーや過敏症も同様です。

 

お困りの方はご相談ください。

みどり治療院ホームページ

エキテンページ