「FRICTIONPOOL」解説3 | TEPPAN official blog
2015年05月31日

「FRICTIONPOOL」解説3

テーマ:「FRICTIONPOOL」エピソード
なにしてますか?

雑な導入ではじまりましたTEPPANです

さて、今日も前回からのつづきを~


7.偽終止

これは説明不足ではなしがよくわからない、って言われます

確かに。



こと細かにストーリーを考えたんですが、

歌の構成との両立が難しくて…

コードの響き、とかで時空の変化を表してます



わかるかい!




でもテープがキュルキュル巻き戻しになった音で

時間が戻ったのは伝わっている…はず!


はっ!


カセットテープを知らない世代だったら伝わらない!


(谷;)



ま、そゆことで、Aカップじゃないと言い張っている女性が実は

主人公を救っています、あとの細かいストーリーは直接聞いてくれたら教えますんで山手線で寝てたら起こして聞いて下さい。



さあ次!






8.ミステイクDAYS


これはボカロでも発表させてもらいました、

こちらでは友人ギタリストの磯Pさんにソロを弾いて頂いてます、
必聴です( 谷)b





いわゆるど真ん中ソング。

なんだけど、まあ、いろいろ。

そこらへんはCDの中に書いた。



実はこれ、気に入っていた間奏があって、

構成上、どうしてもボツにしなければならず、

悔しかったんです。


だもんでここで聞かそう…と思って探したらなかった

あれー


あれええ





【告知】
ライブ来いよ

TEPPANさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス