手ぬぐいと晒の違い | 手ぬぐい洗顔

テーマ:
最近、よく質問されます。

「手ぬぐいと晒の違いは」と。

晒は、白無地の反物(木綿の布)を水で晒し、糊などを

落として天日で乾かした素地です。

以前は、オムツや腹帯して使われていました。

この晒を加工(染色等)したものが手ぬぐいです。

↓昨年、私が大阪の晒工場に行った時の写真です。


倉庫にたくさん積まれた晒

この晒を大きな釜に入れて焚くのです。


私が使用している手ぬぐいは、この工程の段階で

蛍光剤を抜き「無蛍光」の生地にしていただいています。


きれいになった晒を乾燥し、シワを伸ばしていきます。

そして、手ぬぐいの長さに裁断されるのです。

ここから手ぬぐいが出来上がるまで・・・

まだまだいろいろな工程があり、多くの職人さんの手によって

作られていきます。

大切にしたい、日本の文化です。






手ぬぐい洗顔・洗顔用手ぬぐい(ピンク2枚入り)/スリーアイランド
¥1,050
Amazon.co.jp




髙辺 しおりさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ