天徳先生からのご挨拶

テーマ:

ご挨拶

 

長らく、この天徳塾ブログを、

ご愛読いただきありがとうございました。

 

このたび、リアル天徳塾におきまして、

新約聖書・旧約聖書、ローマ帝国の属州政策等を

 

ダヴィンチ・コードから、マグダラのマリヤとイエス磔刑後の

南仏のマルセイユ、プロヴァンス方面の聖地を訪ねながら

学んでいくこととなりました。

 

フランス語の習得とともに、多忙を極めて参りますので、これを持ちまして、本ブログの卒業とさせていただきます。7年間のご愛読、誠にありがとうございました。又の機会に、お目にかかれる事を楽しみにしております。

 

7月吉日

                     山下 天徳

 

追・ なおYouTubeで「天徳先生」と検索くだされば、300本

アップロードしておりますので、ご愛読ください。永久版です。

 

 

天徳塾・日本ふるさと史
「よみがえれー!古代吉備王国の栄光!」


天徳先生、幼い時、
岡山の親戚へ何度も。


連絡船のあと、必死で走って列車まで!
懐かしい、あれは、なんだった?


★倭国大乱・卑弥呼時代のあと、
3Cになると、奈良・三輪山の麓・纏向(まきむく)に、


忽然とヤマト建国です!
出雲・吉備・播磨・近江・北陸・東海の連合王権でした!


リーダー格はどこでしょう?
答えは、「吉備」なんです。


前方後円墳も、埴輪の原型も
吉備から持ち込まれました。


吉備は古来、
物部氏=ニギハヤヒの故地でした。


瀬戸内海の制海権を握っていた吉備王国!
しかし、歴史の表舞台からは消されました。


どころか、ズタズタに解体されたんです。
記紀神話では神武東征の途中、


休憩した地(高島宮)でチラッとでるだけ。


蓄えた力と富をヤマト建国に捧げながら、
5C後半、反乱鎮圧・没落と「日本書紀」にある吉備!


吉備の本当の歴史・実力に迫ります。乞う!ご期待。

(「知ってはいけない!本当の日本の歴史」)



<iframe width="345" height="194" src="https://www.youtube.com/embed/LUMuOV3L2sA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

いよいよ夏休みじゃわなあ。
楽しい思い出を残すことじゃ。


どこへ行きたい言うたら、
やっぱりディズニーランドじゃろう。


あの白雪姫城・シンデレラ姫城
おとぎの国のお城じゃわなあ。


ところで、あのお城のモデルはどこか
知っちょるか?


そうじゃ。
ドイツのノイシュヴァンシュタイン城なんじゃよ。


ロマンチック街道の終点で、
世界中から観光客を引き寄せとるぞ。

場所は、ドイツ南部のバイエルン地方じゃ
そこのバイエルン王・ルートヴィッヒ2世が


精力的に建設したのじゃが、この王、
中世の騎士道を愛し、趣味の城建設にも反映じゃ。


なので、歴史に残る優雅な
ノイシュヴァンシュタイン城として人気を博しとるんじゃ。

 

 

 

<iframe width="345" height="194" src="https://www.youtube.com/embed/lK-44FqG8T4" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

 

 

 

 


 

きょう7月25日は、大阪・天満宮の
天神祭りじゃわなあ。



日本三大祭りの一つじゃ。
うん?あと2つかあ?

京都の祇園祭りと
東京の神田祭りじゃよ。


んで、天神祭りは、全国の天満宮
つまり、祭神の菅原道真公の命日、


2月25日の25日にちなんで、
25日が”天神さんの日”じゃから、


毎年、25日前後にやるんじゃよ。
発祥は、天暦5年(951年)

ちゅうから1000年の歴史あるぞ。
菅原道真公が左遷先の福岡・太宰府で57歳で没したのが、


延喜3年(903年)じゃから、ほぼ50年後から
祀ったんじゃなあ。


★ところで、今から、
むっちゃ大事なこと話すぞ!

実はじゃなあ。
この前の3・11の東日本大震災、


1000年ぶりの
大地震・大津波と言われ、


首都直下・東海・南海・東南海の
大地震が切迫ちゅうと言われようが、これは、ホンマじゃぞ!


菅原道真公の生涯(845~903年)は、
ズバリ、日本の大地動乱時代だったんじゃ。



いくぞ!見よ!祈れ!備えよ!


850年(嘉祥3年)・・出羽地震
856年(斉衡3年)・・この年、地震多し

863年(貞観5年)・・越中・越後地震
864年(貞観6年)・・富士山噴火

864年(貞観6年)・・阿蘇山噴火
869年(貞観11年)・・東日本大地震・大津波

871年(貞観13年)・・秋田・鳥海山噴火
874年(貞観16年)・・鹿児島・開聞岳噴火

878年(元慶2年)・・関東大地震
880年(元慶4年)・・出雲地震

881年(元慶5年)・・平安京大地震
887年(仁和3年)・・南海・東南海大地震・大津波

888年(仁和4年)・・八ヶ岳噴火


以上じゃが、どうじゃ、菅原道真公の生涯(845~903年)
ズッポリじゃ。


大地動乱時代を生き、天の神さま=天神さんに
なったんじゃ。


今、1000年を経て、大地動乱時代を生きる
我らじゃて。



意識せよ。”災害は忘れた頃にやって来る”じゃ。
浮かれるな。備えよ。祈れよ。




意識する→減災→無難じゃぞい。



<iframe width="345" height="194" src="https://www.youtube.com/embed/Mu48KYfhHN4" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

天徳塾・日本ふるさと史
「渡来人が波状的に、日本列島にやって来たあ!」


天徳先生、子どもの頃から、無類の歴史好き。
地図を広げて眺め癖。霞が関時代は、全国出張、大満足!


★日本の歴史は、大陸・朝鮮半島からの
渡来人ぬきには語れません!


列島人口・縄文時代20万人→
古墳時代には60万人→


奈良時代には450万人と急増。
自然出生率では不可能!

大きく3波になります。


①5C前半、河内に
応神・仁徳天皇の巨大な古墳。

ヤマト王権確立、

大陸→朝鮮半島まで来ていた秦氏(弓月君)ら。
養蚕・機織りの専門技術集団。


②6C,さらに朝鮮半島激動、
高句麗・百済・新羅・加羅の戦い。


百済から倭に支援要請。
見返りに先進技術・渡来人。

プラス戦乱避け集団亡命相次ぐ。


③660年、百済滅亡。
663年、白村江の戦い(百済再興図ったヤマト)で、


唐・新羅連合軍に壊滅。
百済の王族・遺民、丸ごとヤマトへ!←ここがミソ!


(「知ってはいけない!本当の日本の歴史」)


 

<iframe width="345" height="194" src="https://www.youtube.com/embed/w99HVkyIK6g" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

 

早くも、暦の上では、
夏の季節の最後の二十四節気・大暑(たいしょ)じゃが、


どっこい、実は、1年で一番暑い時じゃ。
旧暦では6月中旬じゃ。


暑さのピークに向かうぞ、
夏バテすんなよ。




夏至(げし)から1カ月後、 
梅雨明けして酷暑(こくしょ)の頃や。




桐のつぼみが付き、アブラゼミが鳴き、 
さるすべりの真っ赤な花が咲きほこる頃やでえ。




陰遁(いんとん・・冬至に向かい、日足が短くなる) 
に向かっとんじゃが、実際はピンと来んわなあ。





夏の太陽が、ガンガン照りつけて来るでえ。 
省エネの時代やし、


”風鈴・打ち水・冷や奴”やわなあ。
古きよき時代の復活やでえ。









★”腐草(ふそう)蛍(ほたる)となる。
土、潤(うるお)いて暑し、大雨(たいう)時に行く。”



・・・・今は昔じゃが、水辺の腐った草の下から 
成虫になった蛍(ほたる)が、夕闇の中、


光を発しながら、飛び交うんじゃ。
土はむせるように熱く、時折、大雨がざーっと降るんじゃ。




”腐草(ふそう)蛍(ほたる)となる。
土、潤(うるお)いて暑し、大雨(たいう)時に行く。”は、






二十四節気 をさらに細分した 
七十二候(しちじゅうにこう)じゃ。







★ところで、二十四節気(にじゅうしせっき)は、
古代中国からつづいておる。



1年12か月を、
24の節気に分け、




季節の基準点を明らかにしたものじゃ。
王女・セレブ・貴婦人は、



二十四節気(にじゅうしせっき)を
生活・暮らしに取り入れて、悠々とエンジョイせよ。





時代によって、太陰暦・太陰太陽暦・太陽暦と
クルクル変わってきたが、


二十四節気(にじゅうしせっき)は、
太陽を基準にするのでビシッとなっとるのじゃ。





なので、暦(こよみ)の方が少しずれ、「00日ころ」 
となるので、毎年、同じ日ではないんじゃよ。

 

 

<iframe width="345" height="194" src="https://www.youtube.com/embed/FlWiBrxd01Q" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

天徳塾・日本ふるさと史
「渡来人が波状的に、日本列島にやって来たあ!」


天徳先生、子どもの頃から、無類の歴史好き。
地図を広げて眺め癖。霞が関時代は、全国出張、大満足!


★日本の歴史は、大陸・朝鮮半島からの
渡来人ぬきには語れません!


列島人口・縄文時代20万人→
古墳時代には60万人→


奈良時代には450万人と急増。
自然出生率では不可能!

大きく3波になります。


①5C前半、河内に
応神・仁徳天皇の巨大な古墳。

ヤマト王権確立、

大陸→朝鮮半島まで来ていた秦氏(弓月君)ら。
養蚕・機織りの専門技術集団。


②6C,さらに朝鮮半島激動、
高句麗・百済・新羅・加羅の戦い。


百済から倭に支援要請。
見返りに先進技術・渡来人。

プラス戦乱避け集団亡命相次ぐ。


③660年、百済滅亡。
663年、白村江の戦い(百済再興図ったヤマト)で、


唐・新羅連合軍に壊滅。
百済の王族・遺民、丸ごとヤマトへ!←ここがミソ!


(「知ってはいけない!本当の日本の歴史」)


<iframe width="345" height="194" src="https://www.youtube.com/embed/Pxp_Xr-E1S0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

いよいよ夏休みじゃわなあ。
楽しい思い出を残すことじゃ。


どこへ行きたい言うたら、
やっぱりディズニーランドじゃろう。


あの白雪姫城・シンデレラ姫城
おとぎの国のお城じゃわなあ。


ところで、あのお城のモデルはどこか
知っちょるか?


そうじゃ。
ドイツのノイシュヴァンシュタイン城なんじゃよ。


ロマンチック街道の終点で、
世界中から観光客を引き寄せとるぞ。

場所は、ドイツ南部のバイエルン地方じゃ
そこのバイエルン王・ルートヴィッヒ2世が


精力的に建設したのじゃが、この王、
中世の騎士道を愛し、趣味の城建設にも反映じゃ。


なので、歴史に残る優雅な
ノイシュヴァンシュタイン城として人気を博しとるんじゃ。



<iframe width="345" height="194" src="https://www.youtube.com/embed/Ew7a06uFki4" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

「今は、昔、竹取の翁という者ありけり、
名をば”讃岐の造(みやっこ)」←ここです。なんで讃岐?


竹取物語の舞台は、
奈良県北葛城郡広陵町三吉です。


ここに讃岐神社があります。
祭神は大物主命・大国主命。

三吉(さんき)=讃岐(さぬき)。


讃岐から忌部(いんべ)氏が
天皇に仕えるために移住。


朝廷に属する品部(ともべ)・職業集団。
4か所あり、


出雲(玉貢納)・

讃岐(矛貢納)・

阿波(麻貢納)・

紀伊(木貢納)です。


讃岐忌部は、矛先を竹でつくり献上。
竿調国(さおつきのくに)→=さぬき(讃岐)なんです。


毎年秋に、香川県さぬき市長尾(竹の産地)では、
盛大に”かぐや姫コンテスト・パレード”があります。

 

 

<iframe width="345" height="194" src="https://www.youtube.com/embed/lDwxN6uOL6M" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

ラフター・ヨガ(笑いヨガ)ちゅうのが
あるのは知っちょるな。


笑うことで、多くの酸素を取り込み
健康になるちゅうあれじゃ、あれ。



昔から、言うとるわなあ。
「笑いは健康の母・源」


「笑う門には福来る」と。
そうじゃ、日々、


”にもかかわらず笑う”ことじゃ。
「明るく・楽しく・愉快な」


気分・気持ちの時しか、
天からエネルギーは降りてこんのじゃ。



★んで、その訳じゃが、王女よ
そなたなら、既に知っちょろうが、おさらいじゃ。


人間、60兆の細胞でできちょるわなあ。
で、どんな健康な者でも・若者でも、


ガン細胞は、1日あたり、
3000~5000個発生しちょる。

これに外から攻撃のウィルスが
ウジャウジャやって来る。


これを、毎日迎え撃ち、
成敗(せいばい・・やっつける)してくれるのが、


NK細胞(ナチュラル・キラー細胞)なんじゃよ。
リンパ球の一種で、その数なんと、50億個じゃ。


なので、日々の生活での心のスタンスが
大事になるんじゃ。


★”極性の法則”から言うて、
悲しみ・怒り・怨みなんぞの心になると


NK細胞(ナチュラル・キラー細胞)は、
「天候不順で飛び立つ・出撃の中止」じゃ。



一方、笑い→免疫コントロール機能増大→間脳に伝達→
善玉神経ペプチド(情報伝達物質)増大→

NK細胞(ナチュラル・キラー細胞)パワーアップ
→ガン細胞・ウィルス死滅!!


ちゅう訳なんじゃよ。



<iframe width="345" height="194" src="https://www.youtube.com/embed/tynbSlqKVLA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>