天明堂薬局ブログ

天明堂薬局ブログ

漢方相談薬局のあんなことやこんなこと

こんにちわ、天明堂薬局の中山です。

 

今日も朝から爽やかな晴天ですね!

 

散歩するだけでも気持ちよく、1日が素敵なものになりそうな予感です。

 

さて、私たちが普段何気に使う言葉の中に

 

「気分が良い」というのがありますね。

 

この言葉、漢方的に考えるとなんとも素晴らしい言葉です。

 

そもそも「気」は心や体を活動的に動かすエネルギーのようなもので、気が十分にあることで心身を行動的にしてくれます。

 

つまり、「気」はないよりもあったほうが絶対に良いわけです。

 

しかし、ここで注意しないとならないのは「気」はあるだけではダメで、体の中を滞ることなく流れる必要があります。

 

気の流れが悪い状態を「気の流れが鬱滞する」と言いますが、実はこの鬱滞こそがいわゆる「鬱」です。

 

つまり、普段何気によく使う「鬱になる」というのは、気の流れが悪い状態、と考えて良いでしょう。

 

そこでさっきの「気分が良い」という言葉を思い出すと、

 

まさに「が一か所に集まることなく散している状態」と言えますね。

 

気分が良い人はあちこちに気が発するため、周りの情報に気が付きやすくなります。

 

 

散歩をしていると

「あの家オシャレだな」

「あの人は元気に走っているな」

「あの木はなんていう名前なんだろう」

 

など、いろいろ気に留めることが増えますよね?

 

逆を言えば気分が悪い人は、周りが見えにくくなる、とも言えます。

 

 

気が留まることなく流れている人は、それだけでも人生かなりハッピーですよね?

 

気を流す一番の方法は散歩だと思います。

 

特に朝は1日の始まりですから、積極的に散歩しませんか?

 

もしも足腰に不安があったり、天気が悪い時は気の巡りを良くする漢方薬で対応するのも良いと思います。

 

ゴールデンウィークもすぐ目の前!気の巡りを良くして鬱にならない毎日を過ごしましょう!

 

 

こんにちわ、天明堂薬局の中山です。

 

今日は「嫌な事」から逃げることも大切だよ、というブログです。

 

 

嫌なこと、面倒くさいこと、怖いこと、いろいろ皆さんあると思います。

人によってはそれに立ち向かって乗り越えることでHAPPYになる人もいると思いますが、

中には立ち向かうパワーが沸かずに逃げ出したい人もいるでしょう。

 

無理に頑張っても心がポキッと折れてしまっては回復するのも難しいものです。

無理をするときは『イケる!』という自信があるときにしましょう。

 

とは言いつつも、この世には切っても切れないものってありますよね。

その代表格が『自分自身の人生』ではないでしょうか?

 

仕事や友達などはもしかしたら縁を切ることもできるかもしれませんが、自分自身の人生だけは離れることはできません。

嫌なことも嬉しいことも常に自分は「自分」とあります。

 

だから結局のところ自分を幸せにできるのも不幸せにできるのも、最終的には自分自身なんですよね。

「自分は幸せなのかな?」

「本当にやりたいことってなんだろ?」

「自分が今の生活で10年後どうなってるかな?」

 

そんなことを考える時間も重要だと思います。

 

そして漢方の専門家的に言わせてもらうなら、「気が滅入っているとき」は無理に行動しないほうが良いです。

 

 

気は体と心を動かすエネルギーのようなものですから、気がなければ当然ですよね。

 

気がなければ、何をするにも行動的になれないし、ポジティブに考えられないものです。

 

もしも、ネガティブで行動的になれないのなら、まずは「気」を補うことをするべきです。

 

気がない人はポジティブの真似は出来ても、本当のポジティブにはなれません。

 

そういう意味で、気がない人は無理に「嫌な事」に挑戦するよりも、一時撤退して、気を練り直して、気が充実してから

チャレンジしてほしいな、と思います。

こんにちわ、天明堂薬局の中山です。

 

春は季節の変わり目です。

古来より自律神経が乱れやすく交感神経過多になり、

免疫力の低下、疲労感、鬱などを発症しやすいと考えられています。

 

4月も中旬となり、3月4月のお疲れがここぞとばかりに出てきている人も多いですよね。

 

漢方相談中も、精神的な疲労感を訴える人が多いです。

 

 

さて、頑張りすぎる事を別の言葉で「気を張る」とも言いますね。

 

「気」とはエネルギーのようなもので、肉体的にも精神的にも活動的にするために必要不可欠です。

 

「気を張る」とは「エネルギーを張る」ということなので、気を消耗し疲れる行為なんです。

 

特に春は職場が変わったり、人間関係が変わったり、住む場所が変わったり…

 

何かと気を張ることも多い時期です。

 

「頑張らなきゃ!」「まじめにやらなきゃ!」という意気込みは大切ですが、過度になると気を消耗して

先にも書いたように疲労感や鬱を招いてしまいます。

 

体力に自信のない人やストレスに弱い人は、頑張り過ぎも良くないのです。

 

そこで重要なのが、「気を養う。気を増やす」ということです。

 

気は食べ物から得られる穀気と呼吸から得られる宗気の合算からなります。

 

そのため、胃腸にやさしく栄養のある食事を食べて、散歩やジョギングなど軽めの運動をすることが大切です。

 

そして、気を養うは「気を消耗する時間を少なくする」ということ、つまり睡眠時間を確保することです。

 

こう聞くと、

栄養のあるご飯を食べて、軽めの運動習慣を持ち、良く寝ましょう。

 

という、昔から言われている普遍的な事であることが分かると思います。

 

実は健康養生の基本はどれだけ時代が進んでも変わることはないのです。

 

そう考えると、日中頑張って仕事ができる人は、休み方も上手、ということかもしれませんね!

 

良い仕事は良い養生から。

 

無理はしないで基本的な養生を大切にしてくださいね!