天使のたまご|湘南鎌倉バースクリニック店Blog

天使のたまご|湘南鎌倉バースクリニック店Blog

天使のたまごは、2006年開院の東京銀座本院をはじめ、全国に7店舗を展開。産前産後を中心に、女性特有のマイナートラブル解消を専門としたのべ5万4000件を超える臨床実績をもつマタニティケアのパイオニア。

𓇼𓆉𓇼𓆉𓇼𓆉𓇼𓆉𓇼𓆉𓇼𓆉𓇼𓆉𓇼𓆉𓇼𓆉

ブログにご訪問いただきましてありがとうございます。 マタニティケアサロン天使のたまご 湘南鎌倉バースクリニック店です。湘南鎌倉総合病院のサテライトクリニックとして、自然分娩に着目し『産む力・生まれる力』を  最大限に引き出すことを目的とした湘南鎌倉バースクリニック。そのバースクリニック内にあるのが、「マタニティケアサロン天使のたまご」です。天使のたまごは都内をはじめ全国7店舗にて、開設から11年間でのべ5万4000人の妊産婦ケアをしてまいりました。もっと産前産後に深く携わり、 バースクリニックと連携を取りながら、 みなさまのお産のコンディションを整えるサポートをさせていただきます。

《天使のたまごHP》
http://www.tenshinotamago.com
《湘南鎌倉バースクリニックHP》
http://www.sk-bc.jp/

𓆉𓇼𓆉𓇼𓆉𓇼𓆉𓇼𓆉𓇼𓆉𓇼𓆉𓇼𓆉𓇼𓆉𓇼

お盆も過ぎ暑さのピークは越えたものの

今日も暑い1日でしたねひまわり

 

夏こそ気を付けたい冷え

この季節、外は暑くても 室内は冷房で寒いことも多く

クーラーによる冷えが気になりますよね

電車やお仕事先には薄手のカーディガンやストールが手放せない方も多いことと思います。

 

 

 

本日は冷えについてお話しさせていただきます。

女性にとって冷えは大敵!という言葉もよく聞きますね

 

冷えの種類

妊娠も冷え対策は重要だと考えられています。

冷えとは、どんな状態なのでしょう。

まず、冷えには2種類あります

 

1つは、体温は低くないけれど 手先や足先が冷えてしまういわゆる冷え性。
手足などの体の末端の血管が収縮してしまい、血液が流れにくくなることで起こります。

 

もう1つは低体温で、一般に平熱が35℃台の場合を言うようです。
こちらも、血流が悪くなることで起こります。


血流と体温は密接に関係していて、血流が悪くなると体温は下がり、体温が下がると血流が悪くなってしまいます。

ということで
どちらの場合も、血流を良くすることが体温アップの鍵となります

 

体温をあげるには

さて、ここで確認したいことがひとつ

体温とは 体を構成する細胞ひとつひとつの活動によって作られるものだということです。

そのため、靴下の重ね履きや腹巻、長風呂やカイロなど外から熱をあてるだけでは本当の冷え対策とは言えません。

本当の意味で体温を上げるには、ある程度 細胞の力を呼び起こすことも大切です。

ウォーキングなどの運動もひとつですね

また、マッサージでも血流を良くすることができます

 

 

お家でのケアにプラスして定期的に受けていただくことで、体質改善にもつながります♪

お気軽にご相談くださいませ

 

以上、湘南バースクリニック店池田がお送りいたしました

 

 

telスマホ:0467-48-2030

 

✔︎HP

 

✔︎online shop

 

✔︎Instagram

 

✔︎Facebook

 

✔︎Twitter

 

LINE

母になる!を支えるマタニティケアの新領域

天使のたまご

 

ホームページ

オフィシャルFacebook

パソコンからのご予約

スマホからのご予約

 

【 銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045

【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

湘南鎌倉バースクリニック店
神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。

【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール

 マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売