聖書には神聖なパワーが籠められているのか? | elのスピリチュアルなあれこれ

elのスピリチュアルなあれこれ

スピリチュアルの知識が無い方にも、分かりやすい記事をモットーに、他の誰も言っていないような、独自の研究によって得られた情報を記しています。

 暫くシリーズ記事を少しお休みして、聖書という本に関して数回に渡って考慮してみたいと思います。

 

 

 

 海外のエクソシスト(悪魔祓い)のYouTubeを見ていると、悪魔に憑かれた人から悪魔を出す為に聖句を読んだり、酷い場合には聖書そのもので叩いたりして悪魔を祓う場面を度々目にします。

 

 

 実際聖書にそんな力があるのでしょうか?

 

 結論から先に言いますと、

聖書はただの書物ですから、そんな力はありません。

 

 

 

 例えばとても権力のある人がいるとします。

 その人の一声で、多くの人を動かせますし、時代ですら変えられる力を持った人です。

 ではその人の発言集を作成したとして、あなたがその書物を音読する事により、その権力者と同じように多くの人を動かし時代を変えられるでしょうか?

 

 ……無理ですよね。

 

 聖書も同じです。

 神の子と言われているキリストが発言した言葉。

 それはキリストが発言したから影響力があるのであって、それを他の第三者が同じように発言したからと言って、影響力があるはずがありません。

 とりわけ相手は低級霊とは言え、人間よりも生物カーストでは上位の存在なのです。仮にキリストが当時実際に言った言葉だったとしても、その借り物の言葉で、

「ぐわ~」

 等と苦しむわけがありません。

 

 聖書で叩くとか、もうね……。

 漫才なのかと思ってしまいます。(角で叩いたら確かに痛そうではありますが(苦笑))

 

 

 

 確かに聖書は、神から遣わされた天使(聖霊と言う)が筆者の思考に影響を与え、書かせた書物だと思います。(霊感を受けて書かれたと表現します)

 主に当時の人に向けて書かれた書物ですが、数千年が経過した現在でも役に立つ考え方や啓発的な訓話は数多く載せられています。

 何よりも、天使達が慕いお仕えする神の事が書かれている唯一の書物だとも言えます。

 ですから勿論貴重な書物ですし読む価値はありますが、だからと言って、聖書自体に何か神聖なパワーが込められているわけではありません

 

 

 

 エクソシストが悪霊に対し、聖句を読んで攻撃したり、聖書そのもので叩いたりして悪魔祓いをする。

間違いなくインチキ動画

 だと思います。

 

 悪霊を祓う力を持っているのは、同等の霊者だけです。

 つまり悪魔を攻撃出来るのは、同じ霊者の天使だけという事になります。

 

 もしもエクソシストが悪魔を祓う為に、自分の力では無く神に頼り、祈りを持って天使を遣わして下さる事を願っているのならば、それは本物の悪魔祓いの動画かも知れませんが、ほぼ間違いなくそのような動画を見つける事は不可能でしょう。

 エクソシスト動画は基本的に、教会やバチカンの宣伝用インチキ動画がほとんどです。

 所詮小さな虫が人間には決して勝てないのと同様、生物カーストの下に位置する人間が、上位の霊者に勝てるはずがないのです。(ただ、本当に悪魔を祓えるエクソシストも存在します。それに関しては次回に詳しく扱います)

 

 

 

 結論として、聖書は確かに良い本であり、貴重な教訓が含まれ神の事を知る事が出来る書物ではありますが、聖書自体に、またその言葉に神聖な力が籠っているわけではありません。

聖書はただの本です。

 神聖なものでも、特別なパワーが籠められているわけではありません。