<これは勝谷誠彦が個人で配信している有料配信メールです。非常時とあって配信元の許可を得て転送します。あくまでも個人が得ている情報からの推察ですので、内容についてはそれぞれがきちんと吟味して判断してください、という勝谷のメッセージを添えます。なお配信元その他の情報は下記の通り。
 勝谷誠彦HP:http://katsuyamasahiko.jp/
 問合せ:info@katsuyamasahiko.jp
 情報提供・感想:stealth@katsuyamasahiko.jp
 発行:株式会社 世論社>


2011年3月16日号外2。<菅首相の精神状態に危惧の情報>。


 東京はまた揺れました。
 千葉県で震度5弱です。震源は千葉県沖。私が推察してきたように、宮城県沖から静岡、長野に至る「くの字型」の部分で連動しているとすれば、これもそれに含まれるかもしれません。

 号外ばかり出していて仕事にならないんですが(苦笑)どうしても気になる情報が飛び込んできたので二つばかり。
 福島原発から35キロ地点に退避していた複数の人々に「県外に出るように」との呼びかけ。別々の待避所らしいので、そうした指令が飛んでいるものと思われます。
 ガソリンも払底し、外に出ることそのものがリスキーな中でのこの指示は、報道されているのとは違う状況が生じていることを示唆しているのかもしれません。ただし、あくまでも私の推察です。
 テレビは相変わらず「別に今でなくてもいい情報」を流している。なぜ福島原発の中継映像を流し続けないのか不思議だ。

 もうひとつ。「菅直人首相が精神的に不安定になっている」という情報が複数の官邸筋から入っている。
 まあ、もともと不安定なところへ、東電でのあの怒鳴りまくりを見ていると、とっくにおかしいだろうとは思っていたが、号泣するなどそれが悪化しているとも聞く。その分、枝野幸男官房長官に負担がかかっていて、彼が倒れないか気になる。そうなると、今度は日本国政府そのものが「制御不能」に陥りかねない。
 早く「救国政府」を作りませんか。与野党からのオールスターで。閣僚ではなくとも、政府にはアメリカなどからのスタッフに入ってもらってもいい。もはや地球規模の災厄なのだから。
 今日の菅さんは朝から正午に至るまで官邸に引きこもっている。何人かの出入りはあるが、とてもではないが国家の緊急事態の時の首相の行動とは思えない。
 原発の様子についの八卦見もいいが、誰かちゃんとした精神科医に、菅さんの状態について分析してもらいたい。