「欲しがってはいけない」 | こころを最適化して本来の自分を取り戻すサムライセラピー ~Heart Optimization~

こころを最適化して本来の自分を取り戻すサムライセラピー ~Heart Optimization~

アタマも、こころも、身体も納得して自分らしく生きる


テーマ:


みなさん、おはようございます。


今朝は何に感謝できましたか?


今日は金曜日、ハナキンですね? どのように過ごされる予定ですか?



さて、今回は、24のリミティングビリーフの1つ「欲しがってはいけない」


取り上げます。



どういうものか、見て行きましょう。



【主訴】


「欲しがっていけない」を持つ人は、欲しがることに罪悪感を感じ、自分の欲求を後回しにして


他人を優先します。


更には、「欲しい」という欲求を完全に抑圧して、自分が欲しいものや、やりたいことがわからなくなって


しまう人もいます。


また、反抗的にあらわれる場合、


本当に欲しいものはわからないにもかかわらず、それほど欲しくないものを欲しがる人もいます。


(ですが、永遠にこころは満たされません。) 



・ 自分が欲しいものを「欲しい」と言えない


・ 自分の欲しいものがわからない


・ 人に頼みごとができない。頼むと罪悪感を感じてしまうから。


・ 人を優先して考える。自分は二の次。「家族のため」「親のため」等と考えていることが多い


・ 「どうしたいの?」と聞かれても答えられない。「何でもいい」と答えてしまう。


・ 自分のお金なのに自分の為に物を買えない


・ 自分の欲しい物を選べない(レストランでメニューを見て選ぶとき・・等)


・ 自分の欲求を素直に出している人を見るとイライラする (自分が抑圧しているから)

以上のような症状があります。


このような症状になるには、どのように刷り込まれたのかを見て行きましょう。





【刷り込みの場面】


弟や妹の為、親や家庭の事情の為、欲しいものを我慢させられたり、


自分の意志で「欲しがってはいけない」と決心した経験を通して、「欲しがってはいけない」が


刷り込まれます。



・ 「あなたはお兄ちゃん(お姉ちゃん)だから」と言われて、いつも我慢ばかりさせられた


・ 親の為、家庭の事情の為に、欲しいものを我慢しなくてはならなかった


・ 両親から、「欲しがってはいけない」「我慢するのは良いことだ」と言い聞かされた


・ 両親が自分の欲求を口に出せない人だった



これは 「子供であってはいけない」 と似ている症状、刷り込み場面がありますが、


どこに焦点が当たっているかによってビリーフの成り立ちが異なります。



このような場面が考えられます。


毎回、お伝えしていますが、ビリーフはご本人にとって程度の問題です。


ご本人がとても辛い、悩んでいて抜け出したいけど、抜け出せないと感じていらっしゃる方は


お気軽にご相談ください。




こころの最適化 ~Heart Optimization~


よろしければブログランキングにご協力をお願い致します。

1クリックを~!



  ⇐ こちらを クリック


人気ブログランキングへ




また、読者登録、ペタも宜しくお願い致します。


読者登録してね      ペタしてね

こころを最適化して自分らしく生きるサムライセラピー☆寺石 義和さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス