「感謝をしてはいけない」 | こころを最適化して本来の自分を取り戻すサムライセラピー ~Heart Optimization~

こころを最適化して本来の自分を取り戻すサムライセラピー ~Heart Optimization~

アタマも、こころも、身体も納得して自分らしく生きる


テーマ:

おはようございます。


今朝は何に感謝できましたか?


今回は、この感謝に関するビリーフ、 「感謝をしてはいけない」 を取り上げます。




どのような症状があるのでしょうか?



【主訴】


「感謝をしてはいけない」 を持つ人は、「感謝の気持ちを感じられない」、


「人にしてもらっていることに気付かない」 といった特徴を持ちます。


また、反抗的決断として、


こころから感謝の気持ちを感じていないのに、過剰に 「ありがとう」、「感謝しています」 と


連発する人もいます。


本人に自覚症状がない場合が多いので、セラピーを受けにくることはまずありません。



・ 人に対する感謝の気持ちや、「ありがとう」という気持ちを感じられない


・ 人から 「やってもらっていること」 に気が付いていない


・ 「してもらっていないこと」 「足りないこと」 「満たされていないこと」 ばかり訴える


・ 「ありがとう」と言ったり、感謝の気持ちを感じではいけない気がする


・ 反抗的決断として、こころから感謝の気持ちを感じている訳ではないのに、


  ことさらに 「ありがとう」 、「感謝しています」 を連発する



以上のような症状があります。





では、このような症状は、どのように刷り込まれたのでしょうか?



【刷り込みの場面】


感謝をしたり、「ありがとう」 を言わない家庭で育ったことが原因で、「感謝をしてはいけない」が


刷り込まれます。


また、


感謝をしない親をお手本に (モデリング) して、「感謝をしてはいけない」が刷り込まれることがあります。



・ 家族の中で、「ありがとう」 と言ったり、言われたり、


  感謝の気持ちを表現するやり取りが無かった


・ 親が 「ありがとう」 を言ったり、人に対して感謝をしない人だった



                        このような場合が考えられます。





ですが、いつもお伝えしていますように、これらは程度の問題です。


必ずあってはいけないものではありません。


また、このような症状、主訴でお悩みの方、サイコセラピーで症状の改善、軽減は可能です。


  ただし、サイコセラピーは治療ではありませんので、薬を服用の方、病院に行かれてる方は


  医師にご相談ください。




こころの最適化 ~Heart Optimization~



よろしければブログランキングにご協力をお願い致します。



人気ブログランキングへ





また、ペタ、読者登録も宜しくお願い致します。




ペタしてね      読者登録してね

こころを最適化して自分らしく生きるサムライセラピー☆寺石 義和さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス