見えてはいけない・・・棚田さんのサイコセラピスト養成講座より | こころを最適化して本来の自分を取り戻すサムライセラピー ~Heart Optimization~

こころを最適化して本来の自分を取り戻すサムライセラピー ~Heart Optimization~

アタマも、こころも、身体も納得して自分らしく生きる


テーマ:

ブログをリニューアルしています。



今回は、棚田さんの「サイコセラピスト養成講座」で学んだ


「見えてはいけない」 取り上げます。




こころの最適化 ~Heart Optimization~



人の視線が気になったり、人と会ったりするのが苦手、いわゆる対人恐怖症等が関係している


ビリーフです。 (ただし、高所恐怖症や水恐怖症等とは異なります。)



【主訴】 



「見えてはいけない」を持つ方は、人よりできることも、できないことも、「見える(目立つ)」ことに


つながるので、学校や職場などでは常に平均的で人並みであろうと努力します。


存在感が無く、集団の中でいても目立たないのが特徴です。



・ 存在感を示したり、目だったりするのが苦手、恐い


・ 自己主張ができない


・ 周りのみんなと同じでないといけない感じがする


・ 他の人がしていることが気になる


・ (目立つので)好みの服を買えない、買っても着れない


・ 自分が目立っていないかどうか?他の人がしていることが気になる


・ 大きな声を出せない(「声が小さい」と人から言われる)


・ また反抗的にそのビリーフが現れた場合は、


  わざと派手にしたり、見えるように、目立つようにして、作った自分を見せる・・・・etc.




                                       以上のような症状がありますね。






ではこれらは、どのような経験をして、取り込んでしまったのか? 


いわゆる刷り込まれた場面はどのようなことがあったのかを見てみましょう。




【刷り込みの場面】



子供の頃、目立ったことで嫌な目や危険な目に遭った際に、 「見えてはいけない」


刷り込まれます。また、目立つ存在になろうとしない親の姿を見本にして、


子供が真似する場合もあります。



・ 親がすぐに暴力をふるう、いつも大声で怒鳴るetc. とても恐かったので、


  見つかって怒られないように、いつも隠れて目立たないようにしていた。


・ 人から見える存在だと叩かれるので、隠れるようにしていた。


・ 親から「目立ってはいけない」、「出る杭は打たれる」 etc. と言われて育った。


・ 親が目立たない人だったので、それを見て 「自分も目立たない方が良い」 と決断したといった


  親をモデリングしたもの


・ 親が目立つ人だったので、それを見て 「自分は目立たない方が良い」 と決断したといった


  親を反面教師的にモデリングしたもの


                                  


      こういったものが経験されてビリーフとなっていったと考えられます。





また、対人恐怖症は他にも


「愛着を感じてはいけない」 というビリーフを強く持っている可能性もあります。





 【関連記事】   愛着・愛情を感じてはいけない 棚田さんのサイコセラピスト養成講座より





こころの最適化 ~Heart Optimization~






ただし、これらもあくまで程度の問題です。誰しも少なからずはありますから、


自分自身で、本当に辛くて、どうにか改善したいという方にはセラピーを行って


症状を軽減するお手伝いをさせていただいています。




また、サイコセラピーは治療ではありません。病院にかかっていらっしゃる方は


医師にご相談されることをオススメします。




よろしければブログランキングにご協力をお願いします。






人気ブログランキングへ




また、読者登録、ペタもお願い致します。



読者登録してね    ペタしてね



こころを最適化して自分らしく生きるサムライセラピー☆寺石 義和さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス