楽しんではいけない・・・棚田さんのサイコセラピスト養成講座より | こころを最適化して本来の自分を取り戻すサムライセラピー ~Heart Optimization~

こころを最適化して本来の自分を取り戻すサムライセラピー ~Heart Optimization~

アタマも、こころも、身体も納得して自分らしく生きる


テーマ:

ブログをリニューアルしています。




みなさん、こんばんは。


このところ、妙に暖かい日が続いておりますが、如何お過ごしですか?


今日はどんなことに感謝できましたか?




さて、今回は「精神、身体に関するもの」の 中から、「楽しんではいけない」について


取り上げます。



【主訴】


「楽しんではいけない」を持つ人は、「何事も楽しめない」「楽しむことに罪悪感を感じる」


「楽しむことを後回しにする」といった特徴があります。


また、反抗的決断として「いつも楽しいこと探し」をしていて、


楽しい事をしようとしますが、心から楽しめない人もいます



・ 楽しいことをやってはいけないと感じる


・ 楽しいことをする前か、した後に罪悪感を感じる


・ 楽しいことをする前か、した後に体調を崩す


・ 心から楽しいと思ったことが無い


・ 何をしても楽しくない、面白くない


・ 感動しない、興奮しない


・ 喜ばない


・ 好きなことや、やりたいことが分からない


・ いつも楽しい事を探している


・ 「楽をしてはいけない」 「人生は苦しいものだ」と思っている


・ わざわざ苦労をしてやりがいを感じる


・ 睡眠障害(入眠障害、中途覚醒、早期覚醒)⇒「幸せを感じてはいけない」も関連


・ 不眠症


・ 過眠症(ナルコレプシー)⇒「楽しんではいけない」も関連



このような症状があるのは、どのような経験、体験があったと考えられるでしょうか・・?



【刷り込みの場面】



「親が不幸に耐え、楽しむことを我慢している」「親が病気でかわいそう」といった状況下で、


「自分だけが楽しんではいけない」と心に決めることで、


「楽しんではいけない」が刷り込まれます。


また、楽しむことをしない親から「人生とは苦しいものだ」「苦労は金を出してでも買え」的な


価値観を刷り込まれる場合もあります。



・ 「自分だけ楽しんではいけない」 と思った。。(何故なら、『親に悪いから』)


・ 両親が楽しまない人だった


・ 「調子に乗って楽しんではいけない」 と親から言われた



以上のことが考えられます。


楽しい時に楽しめないのはもったいないですよね。


でも、みなさんあることだと思いますので、いつも言いますが


程度の問題です。


こころの最適化 ~Heart Optimization~


*お悩みの方はお気軽にご相談ください♪



ブログランキングよろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ   




また、ペタ、読者登録もお願い致します。




 ペタしてね    読者登録してね




こころを最適化して自分らしく生きるサムライセラピー☆寺石 義和さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス