自分の性別であってはいけない・・・。 | こころを最適化して本来の自分を取り戻すサムライセラピー ~Heart Optimization~

こころを最適化して本来の自分を取り戻すサムライセラピー ~Heart Optimization~

アタマも、こころも、身体も納得して自分らしく生きる


テーマ:

ブログをリニューアルしています。




今回は、禁止型に関するリミティングビリーフで「生存に関するもの」をとりあげます。



「自分の性別であってはいけない」 「自分の性別でないほうがいい」



【主訴】


「自分の性別であってはいけない」を持つ方は、


心のどこかで「自分は違う性別で生まれてくるべきだった」と思っており、


実際の自分の性別に対して違和感を感じています。


「女性(男性)が男性(女性)っぽい服装や振る舞い、言葉づかいをする」


「同性や異性に対して、過剰にライバル心や攻撃心を持つ」といった症状を示します。


女性の場合、月経前症候群(PMS=Pre-Menstrual Syndrome)や不妊の原因の一つになることが


あります。



・ 異性と近づくことに違和感を感じる


・ (女性で) 女性らしい格好をしない (スカートを履かない、女性らしい格好をしない、


  短髪、化粧をしない)


・ 「女らしさ」 「男らしさ」 という言葉に過剰反応する


・ 同性に対して批判的、攻撃的になる


・ 「女性で、男にだけは負けたくない」 という気持ちが強く、意地になって働く、


  やられたらやり返す (「女だからって、なめるなよ・・・」)


・ 生きていて何かが違う感じがする


・ 女性が、ことさらに女性らしさ(格好など)にこだわる


・ 月経前症候群 (PMS) ・ 月経不順 ・ 生理痛 ・ 不正出血


・ 不妊 ・ 更年期障害


                 以上のような症状があげられます。





【インプリンティングの場面】・・・経験等による刷り込み



「自分の性別であってはいけない」は親が望んでいたのとは違っていた性別で生まれてきた子どもに


対して、「お父さんもお母さんも、お前が女(男)の子だったからがっかりしたんだよ。


本当は男(女)の子が欲しかったんだよ」と言うようなメッセージを通して刷り込まれます。


また、言葉では直接伝えねくても、「息子に可愛いレースやフリルのついた服を着せて可愛がる」


「娘に男のような格好をさせて、元気に遊ばせる」といったような非言語的なメッセージによっても


刷り込まれます。



・ 親から「お前は異性に生まれてきて欲しかった」 


  「男(女)の子だから、お父さん、お母さんはがっかりした」 と言われた


・ 親が異性の兄弟、姉妹ばかりを可愛がった


・ 親から「お前みたいな性格は異性に向いている」と言われた


・ 「(女の子)が「男の子に負けるな」 「女に生まれたら損」 


  「女は勉強や仕事をしなくていい」 「女はお嫁さんになるのが一番の幸せ」 等と母親から言われた


・ (男の子が)「男は可愛くないからダメ」 「男は優しくないからダメ」 等と言い聞かされた


・ 性的虐待を受けたことがある(「私が女だからこんな目に遭うんだ)」



    等といった経験から 「自分の性別であってはいけない」 と言うリミティングビリーフが


    作り上げられていった可能性があります。





ただし、これがあるからいけないのではありませんので、誤解のないようにしてくださいね。


あくまで程度の問題です。






よろしければ、ペタ、読者登録を宜しくお願い致します。




ペタしてね   読者登録してね





また、ブログランキングにも参加しています。 よろしければこちらも1クリックを♪



人気ブログランキングへ



こころを最適化して自分らしく生きるサムライセラピー☆寺石 義和さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス