石垣の肉と魚~南国流転 其の拾弐

テーマ:

石垣島と言えば、石垣牛なるブランド牛がおわします。


一方、目の前がそのまま漁場といった感じで海産物の宝庫でもあるわけでして。


石垣島滞在は1泊・・・どちらかを選ばねばなりません。
きたうち牧場
元々、牛よりは豚や鶏の方が口に合うリーズナブルな体質なうえ、不惑を越えたあたりから肉よりは魚の方に嗜好がシフトしている天保銭としては、魚を選びたかったのですが、今回の同行者Kは名うての肉食系でして。


店まで調査済みとあっては致し方なし。カヤックのガイドさんに送ってもらい、きたうち牧場さんへ。


こちらは同名の牧場が経営している石垣牛の専門店とのこと。
きたうち牧場の肉
訪れたのが少々遅かったため、売り切れのメニューもちらほらありましたが、特選ミスジ・特選カルビ・特選ロースの看板メニューは健在でした。


それにホルモンセットやら石垣牛コロッケなぞをお願いしまして。


・・・魚の方が上位なだけで、牛は牛で美味しくいただけるのです。


石垣牛が美味しいのか、店の最高グレードだから美味しいのか・・・日本各地のご当地牛を食べて産地を当てられる人っているんですかねぇ。


ともあれ美味しいお肉でございました。
まぐろ専門居酒屋ひとし
〆にクッパか冷麺でも・・・と思っていたところ、Kが突如「ご飯物は食べない!鮪に行く」と宣言。


ケータイの地図を片手に右往左往しながら、まぐろ専門居酒屋ひとしさんへ。


天保銭は知らなかったのですが、沖縄でも鮪が上がるそうでして、こちらはその鮪の専門店。


地元の方にも人気のお店だそうです。
ひとしのマグロ
到着したのが閉店間際とあって、こちらも売り切れのメニューがちらほら。


海が荒れて漁に出ていないそうで、島タコやら地魚の類はそもそも入荷がなかったとのこと。


文字通り鮪専門店になっておりました。


まあ、鮪は美味しかったのですが・・・せっかくの南国。カタカナ表記のご当地地魚の刺身にお目にかかりたかったものです。