のりば食堂のソーキそば~南国流転 其の拾

テーマ:


那覇空港のA&W 明けて沖縄滞在3日目。


本日より河岸を変えて石垣島へ。


早朝の便だったので、朝食は空港のA&Wで済ませることに。


ドクターペッパーをこよなく愛する天保銭としては、やはり沖縄に来てルートビアは外せないのです。


この身体にいいのだか悪いのだかわからない薬品っぽさがたまりません。


のりば食堂

那覇から石垣までは新幹線に翼が生えたような飛行機で1時間ほど。

・・・なのですが、搭乗手続きやら到着後の荷物の受領などで結局は倍くらい時間を要し、石垣島に着いたのは11時過ぎ。


中途半端な時間になってしまったので、混む前に昼食を済ませることにし訪れたのが、のりば食堂さん。

ウコンを練り込んだ八重山そばや特産の島あおさ(海藻)をふんだんに盛った島アーサーそばで人気のお店のようです。

ソーキそば定食
昨日のきしもと食堂さんにはなかったソーキそばがメニューにあったのでソーキソバを、+400円で定食にできるというので、定食にしてもらいました。


ご飯もジューシーにしてもらい、刺身もついて豪華な感じに。


ジューシーはきしもと食堂さんのものよりあっさりとしていて、ボリュームのあるソーキとはいい相性です。


そばはウコンが練り込まれているので、やや黄色がかっていますが、それほどくせはなく、スープもあっさりしています。


そして島の豚を使ったソーキ!個人的にはやはり沖縄そばといったらソーキそばなのです。大振りのソーキが2本、堪能させていただきました。川平湾


食後は腹ごなしを兼ねて軽く島を周遊。


まずは北西部にある石垣島随一の景勝地川平湾へ。


湾の出口が大小の島々に囲まれているところは、宮城の松島を彷彿させます。


複雑な地形ゆえか潮流が速いらしく湾内は遊泳禁止。代わりに底面がガラス張りのグラスボートが営業していて、海中を見るにはグラスボートのお世話にならなければなりません。
ヒルギ群落
北東部吹通川河口のヒルギ群落。


いわゆるマングローブです。


水の透明度が関東の感覚だと尋常じゃない透き通りようで、眼を凝らすとカニやハゼなどの生き物が蠢く様が見通せます。


ふーむ。まだこんな綺麗なところが国内にあったとは・・・沖縄に嵌ってしまう人がいるのも道理なわけです。