きしもと食堂の沖縄そば~南国流転 其の七

テーマ:

今帰仁城跡見学に半日を費やした後。


今帰仁城跡のある本部半島を走る県道83号線は通称“そば街道”と言われる沖縄そばの激戦区。
きしもと食堂
当然、昼は沖縄そば!ということになり、訪れたのは本部町にある1905年創業の老舗・きしもと食堂さん。


連休中の昼時とあって、既に長蛇の列が・・・列に並ぶこと30分。ようやく店内に。


メニューは沖縄そばの大と小にジューシー(沖縄の炊き込みごはん)のみという、いたってシンプルな構成です。
沖縄そば&ジューシー
迷うことなく沖縄そばの大とジューシーを注文。


沖縄そばは小麦とかんすいで麺を打ちますが、こちらのお店は木灰からとった灰汁をかんすいとして用いる伝統的な作り方。


大振りの三枚肉に豚骨スープと、一見こってりした感じですが、スープは鰹が利いていて意外とあっさり系です。


ジューシーはやや甘めながらもほっこりさせる懐かしい味。


どちらも美味しく完食させていただきました。


やはり、旅先は麺の美味しいところに限ると改めて実感した次第。