素浪記~中京編・五 お食事処やまだの伊勢うどん

テーマ:

伊勢神宮参道
伊勢神宮参拝を済ませた後。


遅めの朝食をと思い、門前町へ。


やはり日本第一の神社だけあって参道に沿って延々と店が立ち並んでいます。


伊勢神宮と言えば、伊勢うどん。


ここまで来て、江戸の昔からお伊勢参りの善男善女が食してきた伊勢うどんを食せぬわけにはいきますまい。


お食事処やまだ
調べると参道を進んでいった先のおかげ横丁あたりには有名店もあるようでしたが、あまりここで時間を取るわけにもいかないので、参道を少し下ったところで目についた店へ。


“お食事処やまだ”さん。


観光地の目抜き通りにありながら、街角の蕎麦屋然とした佇まいが逆に目を引いたのです。
お食事処やまだの伊勢うどん&てごね寿司
こちらはもう一つの“伊勢名物”のてごね寿司もあったので伊勢うどんとてごね寿司のセットをお願いすることに。


麺は太く柔らかいながらもモチモチしていて、コシが命の讃岐系のうどんとは一線を画しておりますが、これはこれで美味しい。一口にうどんと言っても様々な品があるものです。


溜まり醤油ベースの濃い目の汁を絡めて食するには、こういった麺の方が適しているのでしょう。


てごね寿司は、とどのつまり、ヅケ鮪丼。


元々は伊勢志摩の漁師飯ですので、シンプルなのはよろしいのですが・・・個人的には鮪より鰹の方が好みなのですよね。


元々、鰹漁の最中の食事が由来なのですし・・・まあ、鮪は鮪で美味しいのですがね。