成功するラブレター?? | ビンボー店舗経営を集中治療!経営改善・売上・リピート・収入アップ ビンボー病クリニック女医まどかの「ビンボー病に塗る薬」

ビンボー店舗経営を集中治療!経営改善・売上・リピート・収入アップ ビンボー病クリニック女医まどかの「ビンボー病に塗る薬」

【ビンボー病は治せる病気!】大切な家族のためにお金の不安から解放されて大好きな仕事をもっと楽しむための体質改善!
子どもたちが憧れるカッコイイ経営者を増やすため、あなたを全力応援します!

使いまわしですけど。


*****

こんにちは、
名古屋で唯一の
女性スマホ集客コンサルタント
藤城まどかです

*****


今日はラブレターの話


店舗経営者のあなたであれば、
恐らく学生時代に好きな女の子に
想いを伝えるのは、メールではなく
恋文だった年代でしょうか…?

(違うわ!メール世代だわ!というクレームは受け付けませんw)


で、
ラブレターを使いまわしたこと、ありますか?


動画が見られない方は、このまま読み進めてください

↓  ↓  ↓


同じクラスのA君が、ある女子に
ラブレターを書いて渡しました。

見事想いが実り、二人は
お付き合いすることになりました



・・・はい、
これは「成功したラブレター」です。



あなたは偶然、なぜか、
その「成功したラブレター」を
手に入れることに成功しました



さて、
あなたは宛名部分を
自分の思いを寄せる彼女に書き換えて、
そのまま渡します。




このラブレターも、成功しますか?




多分、ほぼ間違いなく、
成功しません。

あなたに魅力がある・なしに関わらず、
彼女は振り向かないでしょう。


な、なぜ・・・



A君のラブレターは、相手のために書かれました。
そして、相手の彼女に響く部分があり、
成功しました。

でも、
あなたが完コピしたラブレターは
あなたの好きな彼女のための内容ではありません。
だから、響くものもありません。



これって、広告も原理は同じだと思いませんか?



あなたのお店が高級フレンチだとして、
ファミリー向けの中華料理店と
ターゲットが同じということはないでしょう。

相手が違えば、
ラブレターは変わる。

ターゲットが違えば、
広告も変わります。




基本構文があったとしても、
伝える内容は違うんですね



藤城まどか