『声と話し方でソンしない本』が日本発声協会の公式教科書に | 声美人は恋愛上手――言語戦略研究所の齋藤匡章が教える、発声と話し方が人間心理に及ぼす影響

『声と話し方でソンしない本』が日本発声協会の公式教科書に

●自宅で独習できるめずらしい発声レッスン本

 

言語戦略研究所の齋藤です。

 

先日発売となった「届く声」「通る声」の解説本、『声と話し方でソンしない本』が、社団法人 日本発声協会の公式教科書となりました。

 

  • 相手にちゃんと届く声が出せるようになりたい
  • 大きな声の出し方がわからない
  • 通る声を楽に出したい

 

といった悩みや希望をお持ちの方に、自宅で共鳴発声法のトレーニングができるコンパクトな一冊です。

 

「発声は独習できない」が昔からの常識でした。

「発声に関する本を読んで、何かを読み取れるのは専門家だけ」とも言われてきました。

 

たしかに声にはそういう一面はあります。楽器の教本でピアノやバイオリンを独習してプロになれる人がいないように、発声や話し方も直接習うのが原則。

 

しかし、この『──ソンしない本』なら、レッスンに通わなくても、ある程度まで独習できる構成になっています。

 

丁寧に取り組む姿勢があれば、ブログで質問して記事を読んで勉強することもできるので、東京や新潟の発声レッスンに通えない方でも、共鳴発声法を会得することができるはずです。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4413230175声と話し方でソンしない本


* * *

 

言語戦略研究所  齋藤 匡章
ウェブ:http://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com