今回のブログは、
マベルMika式肌断食について
お話をしていきます!

なぜ?
マベルMika式肌断食の記事を
書くのかというと、


お客様に本質が伝わっていない!
と、感じたからです〜


「そんなにマベルMika式が
いいんですか?」
と、あるお客様からの一言。


「と、いうと、
どういうことでしょうか?」
と、質問してみました😊


「もっと早く改善できると
期待をしていたんですけど、
なかなか良くならないから、
インスタとかみてると、

○○の施術が良さそうだと
思って。」
ということでした。


「あー!確かに、
そう感じるかもしれませんよね〜


ちなみに、それって、
どういうものなんですかー?」
と、教えてもらうこともあったり😊


しかも、この話、
1人や2人ではないのです。



うーーーーん、、、


もしかして、本質が伝わってない??
と、感じました。



それって、ブログを読んでくれてる人にも
伝わってない可能性は充分あるわけなので、

だから、ブログで
伝えてみようと、
書いています。







赤みをなくしたい!という目的だけなら、
正直、マベルMika式肌断食じゃなくても、
解決することはできます。




マベルMika式肌断食を
選ぶ選ばないの理由の

ポイントは
3つです



大きな副作用を伴うか
  伴わないか
一時的に表面をキレイに
  したいか、
  肌そのものをキレイに
  したいか
赤みを解決する上で、
  ネガティブな感情を
  乗り越えられるか


赤ら顔を繰り返さないように
するためには、小学生の子どもがする
スキンケアに戻す必要性があります。


肌は自力で再生できるんだから、
あれこれ触っていることが、
そもそもの間違いなんです。

それを、やめてみるのが、
肌断食です。


一時的に薬や美容で
抑えた赤みは、
抑えているものを
やめることによって、
反動で赤みが増します。


同時に不安に
なります。

家族にも心配されます。
1から肌断食を家族に
説明することがストレスだ
おっしゃるお客様も、
いらっしゃいます。


それは・・・
皮膚炎で悩み、色んな手段を
試した結果、
肌断食がいいと理解をしても、
皮膚炎で悩んでない相手には
届かないからです。


もどかしい・・・
さらなる孤独・・・
ステロイドを使いたい😭
美容品で抑えたい・・・😭


皮膚炎だと、
敏感肌だと、
直視できない場合も
「もどかしい」かも
しれませんし、
「わずらわしい」かも
しれません。


Mikaさんは、
こう話していました。

「ホームケアで肌を
改善することは
できるけど、一人でするのは
かなり難しいと思います」


そう話すMikaさんに、
別の質問をしてみたこともあります。

「Mikaさんの皮膚炎のときは、
すごく辛かったのに、なぜ?
ブログにアップしていたんですか?」

わたしの感覚では、
荒れている肌は見せたくないので、
自撮りは、したくない!と
思うし、実際、わたしの肌が荒れてる時の
写真はありません💦

すると、Mikaさんの答えは、こうでした。
「ブログにアップしていたのは、
客観的に見れたからです。」

客観的に観察し、
試行錯誤できた結果、
累計400名が改善
できる方法が
できたのに、


本質が伝わってないのは、
とても勿体ない。

本当に悩んでる人に届かせることこそ、
わたしたちアドバイザーの仕事だと
思っています。


やはり、伴う不安・・・
その思いを受け止めることこそ、
わたしたちの役目です。


今日、明日に赤みを抑えるものは
たくさんあるかもしれません。

でも、それは
一時的にすぎないものだと思うし、
副作用は避けられない可能性は
100%ではないにしても、
高いです。



改善するときに出てくる
不安もぜーんぶ含めて
一緒に乗り越えていく!
というのが、
わたしたちアドバイザーの
役目です。



でも、本質が伝わってないと、
感じたので、
記事にしてみました〜😊