天皇賞(秋)の予想。レース傾向、データ分析2016

天皇賞(秋)の予想。レース傾向、データ分析2016

第154回 天皇賞秋(GI) 2016/10/30 東京11R 【 3歳以上オープン 2000 (芝) 定量 】 レースの傾向や、過去のデータを分析して予想してます。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

天皇賞(秋)の傾向を分析


コース・脚質


天皇賞秋の予想[東京競馬場・芝2000m。天皇賞(秋)開催日2013/10/27(日)]
東京競馬場・芝・2000mは、1コーナー奥のポケット地点からスタートする独特なコースとなっている。ここの部分の芝は絶好で、先行馬が内外に入った場合は内の馬が譲らなければ外側の馬はまず先行出来ない。「東京競馬場の2000mは外枠不利」という定説は競馬ファンの間では有名な話。
先行馬は内枠に入れば先手を取りやすく、断然有利に。

緩いコーナーが2回で、あとは長い直線が2本というコース形態。終始スピードが出るコース形態であることと、レースレベルの高さから11秒台から12秒台前半のラップが長く続くのが特徴。13秒台や10秒台のラップはほとんど刻まれない。

一応中盤で息を入れることになるのだが、ペースがあまり緩まない。それでいてラスト3ハロンに速い上がりが要求されるという、極めてハイレベルな一戦となる。スピードの持続力と極限の瞬発力、そして底力が問われる大一番。本当に強い馬でないと勝つことはできない。

逃げ切りは至難の業で先行・差しで決着することが多い。


前走


天皇賞(秋)への代表的なステップレースは、毎日王冠、オールカマー、京都大賞典、札幌記念あたり。
このうち毎日王冠組は 【3-3-3-53】 。連対馬6頭のうち5頭は毎日王冠でも連対していて、まずは「毎日王冠好走馬」が第一の狙い目だろう。札幌記念組は 【2-0-0-6】 で、勝ち馬2頭は札幌記念でも1着。このローテーションも見逃せない。


京都大賞典組は 【1-1-1-17】 。2004年の勝ち馬ゼンノロブロイを最後に本番・天皇賞では苦戦中だ。オールカマー組も 【0-1-0-20】 と大不振、前走がG3だった馬も 【0-0-2-12】 で勝負になっていない。
宝塚記念からの“ぶっつけ”で臨んだ馬は 【3-2-0-15】 。勝った3頭はいずれもすでにG1勝ち鞍があり、天皇賞でも1番人気に推された強豪だった。



→天皇賞・秋の予想はコチラ






天皇賞(秋)のレース傾向から予想のトップへ戻る。

テーマ:
今週末はいよいよ最強ステイヤーの決定戦天皇賞・春(GⅠ・京都芝3200m)が行われますね。


とにかくキズナが圧倒的人気ですね。
先日情熱大陸でも「チームキズナ」が放送され、昨年2013年の夏から4歳をむかえる春までの約1年間に密着した感動的な番組が放送されましたね。
これでいっそうキズナの人気は高まることでしょう。


キズナは前走産経大阪杯で完勝。今回天皇賞春でも引き続き武豊騎手が騎乗予定です。
しっかりと自分の競馬に徹する武豊騎手の安定した走りと、それに答えるキズナはやっぱり見事と言わざるを得ませんね。


今回心配なのは距離くらいでしょうか。走ってみないと分からないとは思いますが、レースはおそらく後方で、どこで武豊騎手が動くかのか?というところが鍵となるでしょう。
最後の直線だけで脚を使うというよりは、少し前で動くイメージをしてます。3コーナーの坂は上りで、仕掛けたらゴール前バテるので3コーナー坂の頂上から下りで仕掛ければゴールまで持つので、武豊騎手もそれを十分理解して展開していくでしょう。


圧倒的な1番人気のキズナですが、データを調べてみればすぐ分かりますが天皇賞春はここ数年「1番人気が不振」です。
データを重視してキズナを軽視するか、キズナに賭けてみるか・・・。
ディープインパクト以来1番人気が勝てない春の天皇賞ですが、ここは武豊騎手が自らジンクスをディープインパクトの仔で破る予感がしています。


さて、問題はどの馬が絡んでくるかですが・・・


個人的には、キズナが来るような展開になればウインバリアシオンを入れて、ゴールドシップは切ろうかと。
ゴールドシップが残るような展開ならキズナウインバリアシオンを切る馬券の買い方も考えておいたほうが良いかも・・・と思ってます。


2パターンくらいの展開をイメージして有力馬をちらして、穴馬を付け加えておく、といった買い方でいこうと思います。


うーん、こうやって予想している時が一番楽しいかもしれませんね。
皆さんの馬券にも幸あれ!



天皇賞(春)の詳しい予想はコチラ!



天皇賞春 登録馬

アスカクリチャン 58.0
アドマイヤフライト 58.0
アドマイヤラクティ 58.0
ウインバリアシオン 58.0
オーシャンブルー 58.0

キズナ 58.0
ゴールドシップ 58.0
サイモントルナーレ 58.0
サイレントメロディ 58.0
サトノノブレス 58.0

ジャガーメイル 58.0
タニノエポレット 58.0
タマモベストプレイ 58.0
デスペラード 58.0
バンデ 58.0

ヒットザターゲット 58.0
フェイムゲーム 58.0
フェノーメノ 58.0
ホッコーブレーヴ 58.0
ラストインパクト 58.0

地方馬、外国馬
レッドカドー 58.0


テーマ:

天皇賞秋。ジャスタウェイの末脚炸裂!!!




秋の天皇賞を制したのは5番人気の4歳馬ジャスタウェイ。福永祐一騎手は2週連続でG1制覇となった。
残り1ハロン付近で一瞬のうちにジェンティルドンナを交わした後は独走状態。4馬身もの差を付けてゴール。ジェンティルドンナが2着に残り、さらに2馬身差の3着は連覇を目指したエイシンフラッシュだった。


多少馬場が回復していたとは言え、この馬場で1:57.5は驚異的です。
ジェンティルドンナが積極的に突いて各馬早仕掛けの競馬になったのも大きい。このハイペースで追走して2着になったジェンティルドンナの強さも認めるべきであるが、この競馬に乗じてポテンシャルを如何なく発揮したのがジャスタウェイだったということであろう。


天皇賞・秋の結果と配当金


1着 7 ジャスタウェイ 牡4 58.0 福永
2着 9 ジェンティルドンナ 牝4 56.0 岩田
3着 6 エイシンフラッシュ 牡6 58.0 Mデムー
4着 13 アンコイルド 牡4 58.0 吉田隼
5着 1 コディーノ 牡3 56.0 リスポリ
6着 2 ナカヤマナイト 牡5 58.0 柴田善
7着 8 ヒットザターゲット 牡5 58.0 北村友
8着 17 ヴェルデグリーン 牡5 58.0 田辺
9着 12 フラガラッハ 牡6 58.0 高倉
10着 11 トウケイヘイロー 牡4 58.0 武豊
11着 10 トーセンジョーダン 牡7 58.0 メンディ
12着 4 トゥザグローリー 牡6 58.0 池添
13着 14 オーシャンブルー 牡5 58.0 内田博
14着 5 レインスティック 牡6 58.0 武士沢
15着 3 ダイワファルコン 牡6 58.0 川須
16着 16 ダノンバラード 牡5 58.0 川田
17着 15 レッドスパーダ 牡7 58.0 蛯名


払い戻し・配当金


単勝 7 1,550円

複勝 7 240円
   9 110円
   6 150円

枠連 04 – 05 1,110円

馬連 07 – 09 1,190円

ワイド 07 – 09 410円
    06 – 07 590円
    06 – 09 210円

馬単 07 → 09 4,510円

三連複 06 – 07 – 09 1,400円

三連単 07 → 09 → 06 14,310円


→最新レースの予想はコチラ




天皇賞・秋の予想2013のトップへ戻る

テーマ:

ジェンティル5枠9番、エイシン3枠6番=競馬・秋の天皇賞

今年は手薄なメンバーの中、注目される2頭


天皇賞秋の予想[宝塚記念3着のジェンティルドンナ(栗・牝4)、昨年の覇者エイシンフラッシュ(栗・牡6)]
今春の天皇賞馬フェノーメノ(美・戸田博、牡4)は左前繋靭帯炎のために回避し、年内は休養することに。
皐月賞馬ロゴタイプ(美・田中剛、牡3)は札幌記念(2013/08/18)が過酷な馬場であったため疲れが取れず秋ローテは白紙に。
ゴールドシップはJC(2013/11/24)に向けて調整を始めているため、もちろん登録せず。

登録していたダークシャドウは調教中にラチを飛び越え外傷を負い回避。ルルーシュもアルゼンチン共和国杯に回る予定で回避。

ここまでメンバーが落ちると最強牝馬のジェンティルドンナ(栗・石坂正、牝4)と昨年の覇者エイシンフラッシュ(栗・藤原英、牡6)の人気が必至だろう。

宝塚記念では3着に敗れたジェンティルドンナだが、東京コースはオークス、JCで強い競馬を見せており、東京は得意である。
当日も雨が降れば道悪を懸念してもいいが予想では日曜は東京は晴れ。馬場が乾いて渋化が残る程度の良馬場になればジェンティルドンナにとっても優勢である。

-10/27 東京の天気-
東京競馬場天気


毎日王冠(2013/10/06)では鮮やかな末脚をさく裂させて天皇賞秋へと最高のステップを刻んだエイシンフラッシュも今回ミルコとのコンビで連覇を狙う。
枠は3枠6番の好枠を手にした。楽に内に入れるこの枠なら、内から鮮やかに突き抜けた昨年同様の勝利が見れるか。

頭堅くヒモ荒れるレースとなりそうだが、ヒモ候補も難解だ。

武豊騎手鞍上のトウケイヘイローは6枠11番。過去10年で逃げ切りの馬は一頭もいないが、逃走劇は見れるのだろうか。他の東京巧者ショウナンマイティジャスタウェイ、コディーノも注目だ。
秋の中距離王の座は果たして誰の手に?


天皇賞(秋)の出馬表


馬番馬名性齢重量騎手
11コディーノ牡356.0U.リスポリ
12ナカヤマナイト牡558.0柴田善臣
23ダイワファルコン牡658.0川須栄彦
24トゥザグローリー牡658.0池添謙一
35レインスティック牡658.0武士沢友治
36エイシンフラッシュ牡658.0M.デムーロ
47ジャスタウェイ牡458.0福永祐一
48ヒットザターゲット牡558.0北村友一
59ジェンティルドンナ牝456.0岩田康誠
510トーセンジョーダン牡758.0I.メンディザバル
611トウケイヘイロー牡458.0武豊
612フラガラッハ牡658.0高倉稜
713アンコイルド牡458.0吉田隼人
714オーシャンブルー牡558.0内田博幸
815レッドスパーダ牡758.0蛯名正義
816ダノンバラード牡558.0川田将雅
817ヴェルデグリーン牡558.0田辺裕信




→→天皇賞・秋の3着までの予想はコチラ




天皇賞(秋)のレース傾向から予想のトップへ戻る。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス