おはようございます!
TennisBizです(^^)


今日は、


市川コーチ
「回り込みフォアハンドストロークで意識していること」



回り込みフォアハンドストロークの打つ場合、脚の動かし方が大事になります。そのポイントとして
後ろ脚(右脚)を引く動作がポイントとなります。

{415A9CE5-AA9B-4434-A5A2-1543179344D3}

右脚を後ろへ引いていくことでサイドステップよりも早く回り込むことができます。

このステップ動作はクロスステップとなり脚が交差されることで姿勢が倒れずらくバランスが良くなります。

周り込みフォアハンドストロークを打つ場合には意識して練習してみて下さいね。



以上となります。
最後までご覧頂きありがとうございました。



■TennisBiz HPはこちら


AD