CAIRO

テーマ:

早朝エジプトに入国、ビザ・バイクの入管終えて九時過ぎ出発。

カイロまで470kmの道のり。


シナイ半島を東から西へ一気に横断。途中、ペットボトル

振って、自分のバイクを停めようと試みる水乞いが何人

か見受けられ、改めて水の貴重さを思い出した次第です。


ここ最近、水買おうと思えば店がすぐ見つかる様なナマヌルイ

環境を走っていたので忘れていましたが、水だけは常に鞄の中

に入れておかなければ。


カザフスタンで喉の渇きで苦しむという体験して以来中央アジア

イランと気をつけていたのですが、先進国のツーリング続きで

なめてました。



スエズ運河にて。兵隊さんに丘越えて運河見せてと

お願いするも軍事機密上あかんと拒否されてしまいました。

下痢で痩せまくり、頬がこけてます。



目の前に広がる砂の世界にコンテナ船の頂上部分だけが

悠々と移動する様は圧巻でした。


写真取れなくてごめんなさい。軍事機密らしいので。


ちなみにスエズ運河の地下を走るトンネルも日本

の円借款で出来たそうです。


地下トンネルを抜けたと思った瞬間、道路のサイド

に機関銃据えた兵士達が、何箇所にも配置されて

いて、改めてビビル。


バシシさん(昨年ロシアから南アフリカまで走破)に

紹介していただいたカイロ在住のライダーの家に

無事に到着。


お世話になっているマイコーさんとお父さん。

そっくりです。