夏ヤマメと富山釣行会 | アジャリ
2017-08-01 22:24:00

夏ヤマメと富山釣行会

テーマ:テンカラ
7月29日(土)



先週、夏ヤマメパターンに突入した川へ再度訪れました。



この日も先週と同様に同じ時間に入渓し、同じシステムで釣り上がり前回との比較です。



前回は瀬肩・ウケで連発しましたが、この日の時間帯は瀬肩・ウケでは反応はなく、主に石裏・巻き返し・反転流で掛かりましたので、活性が1段階下だったように思えました。




瀬脇での反応も乏しいですが、石裏・巻きでは先週と同様の26cm~泣き尺サイズが狙いとおりに掛かります。




先週末のように体高あるヤマメは減りましたが、その分サイズが伸びている固体が多く、アベレージは先週末よりもアップ。




これからの時期は水温が更に上昇しますので、白泡、影を意識した釣りになるのではと考えております。




太ももぐらいのやや水深のある瀬に入り、太軸の毛鉤に切り替えて中層以下を意識して釣ると尺上イワナ。
白点が大きいイワナでした。



脱渓点近くの太い1本の流れの頭に毛鉤を打ち、流れから毛鉤を外した瞬間に喰いました。



茶色く太い魚体が頭を振り、底へ底へ潜った後、流れの中を上下に泳ぎ、なかなか浮いてきません。



最初に魚体を見たときは50cm近い魚なので慎重にやり取りしていましたが、自分の横を通過した時に一気にヤル気が失せてしまいました。



ハッキリとルビーを散りばめた魚体が見えましたので・・・。そう、コイツでした。
48cmと引きは楽しめましたが何だかガッカリな気分。



ブラウンの口にはコチラが残っていました。
ハリスは0.4号ぐらい。何方の鉤か不明ですが、敵は取っておきました。



その後、早々に切り上げmarkyさん、アニキさん、シンちゃんが釣行している場所にお邪魔しました。




markyさんは前回の釣りで開眼されたようでイワナ連発。
この日は40匹ほど釣られたそうです。



シンちゃんも28cmの良型を釣ったそうですし、アニキさんも魚の着き場を見付けたのか、色白でピカピカの綺麗なイワナを釣り、午後からは連発されたそうです。



自分は1時間半程でしたが、楽しく釣って交流させていただきました。今回も何かとお世話になり、ありがとうございました。



【当日のテンカラ道具】

竿:ダイワ凛風(硬調)4.5m

レベルライン:YGKよつあみ 与一 ULTRA Sight 2.0号 ラットオレンジ(4.8m)。

ハリス:東レバウオ スーパーハードプレミアムプラス ハイグレード4ポンド(100~150cm)。

毛鉤:#14(黒)、#12(黒)

テンカラ アジャリさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス