覚醒戦隊GODZIGENGERのスピリアル講座

地球の次元上昇を使命に人類の人間型ゲシュタルトを破壊する善悪統合のHERO!
衆生回向を願って適当戦隊イイカゲンジャー的に生きている自称半覚醒者・与太郎の
愚鈍な「悟りバカ日誌」で一般常識や固定観念を破壊してエロミナティの世界へ誘います♪


テーマ:

 

【ヌーソロジー2017シリーズ】

 

① 2037年から半霊半物質化➡6500年後にアセンション

② 死の恐怖と永遠の恐怖の克服と自殺

③ 覚醒と悟りの定義と覚醒者の特徴

④ 半覚醒による「非二元」と「今ココ」の悟り

⑤ 半覚醒前に訪れる神秘体験
⑥ 時空を超越する医療アイテム

⑦ 人類キリスト化現象と次元観察子と666の世

⑧ エロティック日本神話の魔性学的解釈

⑨ 5次元の入口「黄金太陽」と半覚醒の証明

⑩ 5次元意識(半覚醒)に近づいている人々①

⑪ 5次元意識(半覚醒)に近づいている人々②

⑫ 遂に判明した「釈迦の悟り」と5次元への招待状

⑬ 4次元意識の覚醒法と半覚醒の証明②

⑭ 5次元意識が覚醒した人々と裏返しの宇宙論

⑮ 弥勒菩薩の正体と最後の審判と金融危機

⑯ 統合失調症と「キリスト化」促進剤

⑰ 4次元意識の覚醒法②(世界認識を変える魔性の鏡)

⑱ 今すぐ輪廻を解脱して運命を操る方法

⑲ 言霊で運命を操り世界を征服する魔性の男

⑳ アンドロメダからの緊急メッセージ

21 4次元意識の覚醒法③(驚異の神道と人間の本質)

22【外部流出厳禁】大阪イルミナティ会議議事録

23 視点が変わると現象が変わる夢

24 4次元意識の覚醒法④(不思議の国のアリス現象)

25【シリウス革命】自己イメージと自画像

26「100%自分原因」vs 「100%他人原因」

--------------------------------------------------------

 

 

 

 

前々回の記事

【シリウス革命】自己イメージと自画像で、

「まずは自我を確立することが大切」

と書きました。

 

 

それに対するメッセージを頂きました。

 

 
 
 
 
自我の確立については、
今いろいろとシンクロ情報があり、
僕も研究している段階なので、
改めて記事にしたいと思います。
 
 
 
 
タイコロジー創始者の案内戦隊エンライジャー
(本人はこの敬称を嫌がってましたがあせる
 
 
タイプが違うとのことですが、
僕も他のブログでは彼のような厳霊系で、
しかも以下のように共通点も多いので、
ツインソウルかと思ってしまいます。
 
 

①昔バイクのチームを結成していた

②真向法を実践している

③アンチ糖質制限

④でも極端な偏食

⑤麺類が好き

⑥自称変態

⑦生きながら死後の世界に入っている

 

 

 

 

 

■前回紹介したトーシン氏の動画、

まだ観ていない方は観てみてください下矢印

 

 

鏡の法則で100%自己責任論が説かれています。


(4分3秒) 






■続きの動画を観てみると、

「鏡の法則」には2つあるそうです。


(3分) 






これは興味深い話です。

 

自分原因と他人はいないは関連しているので、

僕は一括りにしていたのですが、

2つに分けて理解しないといけないようです。

 

 

 

「鏡の法則Ⅰ」100%自己原因論で、

「鏡の法則Ⅱ」他人はいない論とのこと。

 

 

 

「他人はいない」というのは、

自分の世界の他者は投影という意味で、

他者は他者の世界に存在しています。

 

 

僕も昔はその話を度々していましたが、

浅い理解で「他者軽視」する人が出てきて、

そうなると本末転倒なので強調はしなくなりました。

 

 

しかし、内観する上では必要な概念で、

4年前にルキュエル氏から相談があった時に、

「他者は存在しない」と紙に書いて、

トイレに貼っておくように指示しました。

 

 

3年位前にルキュエルハウスに招かれて、

トイレを借りたら……

本当に「他は存在しない」と書いてあって、

笑ってしまいました(笑)

 

 

よく考えると前回の記事の内容は、

昔のルキュエル氏にも当てはまっていました。

 

 

でも、「他者は存在しない」を前提に、

100%自分原因で内観を習慣にすることで、

ルキュエル氏は随分と良くなったと思います。

 

 

 

最近のLINEのやり取りでも↓

 
 
 

 
 
 
 
 
「誰にも話したことがない」という相談事を、
今まで数多くの人から受けてきましたが、
魔性の男は無条件に信頼されることの証です。
 
 
 
 
 

 

「鏡の法則Ⅰ」100%自己原因論は、

・内外反転(空間)

・前後反転(時間)

とのことです。

 

 

 

内外反転は僕の造語なのですが、

トーシン氏は昔から僕のブログを読んで、

共感してくれていたそうです。

 

 

10年くらい前は、

「オコツト」や「ヌース」で検索すると、

僕のブログぐらいしか出てこなかったのでね。

 

 

で、内外反転の認識が覚醒してくると、

世界が自分の投影であることがわかり、

100%自分原因&責任が自覚できるのです。

 

 

 
前々回の記事で載せてヨシエルとのLINE
 

 

 

 

一人称視点に気づくことが第一歩らしいですが

一人称視点というのが僕にはピンときません。

 

 

感覚では分かっているはずですが、

アホなので言葉の意味が理解できなくて

悩んでいた矢先に……

 

 

0人称という言葉に遭遇しましたあせる

 

(2分28秒)






これも興味深い話でしたね。

 

 

「他人はいない」「自分しかいない」は、

一人称のわたしで【唯我論】

 

 

ノンデュアリティの「わたしはいない」は、

無人称の【無我論】

 

 

【唯我論】はジャイアンになる危険性があり、

【無我論】は虚無に陥る危険性があるとの事。




●唯我論(他人はいない)を知識だけだと、

ジャイアンになる危険性も否定できませんが、

唯我論を認識できるのは半覚醒レベルなので、

他者を尊重して敬意を払うようになります。

 

 

「他者はいない」というのは、

自分の世界には存在しないという意味で、

他者の世界には存在しているわけです。

 

 

その他者と間接的に交流しているので、

他者の本質も自分と同じ神だと認識します。

 

 

それ以前に、

半覚醒前に左右反転で自他等化するので、

その時点でジャイアンになることはなくなり、

100%自分原因&責任の認識が生まれます。

 

 

但し、その「自分」という概念は、

個の自分ではなく「自他」を意味するので、

「私一人に責任はない」ともいえます。

 

 

 

更に半覚醒して内外反転認識に至ると、

c の視点が生まれてきて、

abを含む3次元世界が自分の内部となります。

 

IMG_20171105_133408091.jpg

 

 

 

そうするとabの世界を投影しているのは、

紛れもなく自分自身(c)だと理解するので、

100%自分原因&責任が否定できなくなります。




オコツトはこのように言っています。


「あなた方が外在世界として見ているものは、

第7太陽系次元における定質と性質の交差が作り出した影

 

「宇宙精神には自らの全体構造を投射する仕組みが存在し、

地球人が物質として見ている存在は宇宙精神の影」

 

「展開されている様々な物理現象は宇宙精神の全体性、
タカヒマラが持った影のような存在」
 


もっと簡単にいえば、

プラトンの洞窟が分かりやすいでしょうか。




 

5次元以上の話は割愛しますが、

3次元は4次元の投影で、

4次元は5次元の投影なので、

3次元の出来事の原因は上次元にあります。

 

 

5次元では全生命体が自他一体の感覚で、

「個のカルマ」という概念が存在しません。

 

 

もちろん個々のカルマはありますが、

「全体のカルマ」と捉える必要があり、

その責任を負う精神が贖罪神スサノオです。

 

 

全体のカルマであるなら、

100%自分原因&責任ではないといえますが、

「全体の自分」と捉えるのが内外反転で、

5次元的な認識だといえます。

 

 

しかしそれは意識の問題であって、

3次元の個人に当てはめられない、

と考える人も多いと思いますが……

 

 

個人が見聞すること体験することは、

その個人の潜在意識を通して投影されているのです。



個人ではなく複数の人が、

同時に同じ災難に遭った場合も同じで、

全責任は自分にあるということになります。



原因と責任はその複数の人にあるのでは?



いや、人それぞれ別の世界に生きているから、

「他者は存在しない」ということなのです。





●無我論(わたしはいない)は、

虚無に陥る危険性があるとのことですが、

僕も少し前にそのことを指摘しました。

 

 

「わたしはいない」という境地は、

瞑想の様々な段階で様々な感覚で体験し、

それぞれ「わたしはいない」の意味が異なります。

 

 

その中でもトーシン氏が指摘するような

虚無(スマル)に誘因される意識状態もあります。

 

 

逆に、「わたしはいない」という知識を得て、

口だけで「わたしはいない」と主張する人も、

下手するとスマルの方向性に向かいます。

 

 

だから僕は「無我論」について、

あまり肯定的には話さないのです。

 

 

 

 

そこからトーシン氏の話が面白く、

これから向かう双子の世界は、

唯我論でも無我論でもない【0人称のわたし】

 

 

 

「0人称のわたし」は、

先日の記事で紹介した資料に載ってましたね。

 

 

 

「別のものの到来」と書かれていたので、

「ノストラダムスの予言の話ですか?」

と冗談混じりに聞いてみたのですが、

本当にノストラダムス予言の話でした。

 

 

「別のもの」とは、

変換人(半覚醒者)のことらしいです。

 

 

(5分11秒)

 

 

 

 

 

■内外反転は言葉では説明困難で、

なかなか人に伝わらなかったのですが、

トーシン氏が分かりやすく解説していました。

 

(5分)

 

 

 

 

 

ほぼ半覚醒している奇跡のゆきちゃんから

こないだ以下のコメントがありました。

 

 
 
 
 

人体と宇宙は下図のような感じで、

トーラス状に反転していて、

人間が外側に認識してる世界は、

実は自分の内部だということです。

 

 

 

 

 

自己と他者はメビウス状に繋がっていて、

それも感覚的に体験した人は多いですが、

そのことが理論的に解説されています。

 

(4分37秒)

 

 

 

 

 

■一度に色んな動画を紹介するのも何ですが、

もう1つ紹介しておきたいことがあります。

 

 

それは人が「今」と認識している時間は、

実は「過去」だということです。

 

 

日常的にはそのような感覚はありませんが、

半覚醒してから度々実感するようになって、

過去のブログにも何度か書いてきました。

 

 

理論的に考えても、

3次元は投影の結果の世界なので、

「過去」だということになります。

 

 

そのことを指摘している人は、

kan.氏ぐらいしか知りませんでしたが、

トーシン氏も過去だと説明していました。

 

(1分13秒)






「今は実は過去だ」ということは、

知ったからといって何てことはないし、

重要なことでもないと思っていたので、

強調して書いたことはありませんでした。

 

 

でも、次の動画を観ると、

「目の前を過去として見る生き方」も、

大切なことかもしれないと思いました。

 

(3分26秒)






■そして14日14時44分現在、

エンライジャー氏の最新記事にも、

今は過去だと書かれていました。 

 





●Ψ1~Ψ2(時間と空間)について、

まだ重要な話の続きがあるのですが、

文字数オーバーで更新できないので、

加筆して改めて載せたいと思います。





本物健幸商

 

 

友だち追加

LINE@に登録してくれたお友だち限定!
5%OFFクーポン配布中!

イベント情報やスピ情報も不定期で配信

 

 

ロゴストロンコム

 

 
 
鬼将軍による視点が変わるブログ
 
 
 

                  キラキラ清き一票よろしくお願いします一休さん

                  
                  にほんブログ村 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(2)

【言霊伝道師】天下乃与太郎(ZERO)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。