TENKAICHI(天下一)公式ブログ

キックボクシングとMMAのエンターテインメントイベント「TENKAICHI」の情報を中心に沖縄格闘技情報お届けします!


テーマ:
イベント名:TENKAICHI 75
主催:株式会社TENKAICHIプロモーション
会場:コザ・ミュージックタウン音市場
日時:2015年3月1日(日)
認定:JAPAN KICKBOXING INNOVATION
TV放映:4月5日(日)16:00~17:25、沖縄テレビ(OTV)にて放映

◎KOまたはTKO、TO勝ち
○判定勝ち
×負け
△引き分け
■ノーコンテスト

第16試合 メインイベント ヘビー級 3分3回戦 TENKAICHI KICK ルール
◎FRED[フレッド](天下一道場沖縄/INNOVATIONヘビー級王者、TENKAICHI KICK ヘビー級王者)
×菊地 ヨックタイジム(ヨックタイジム)
TKO2R レフェリーストップ

在日米軍エアフォース(空軍)勤務の“黒い重爆撃機”FREDが入場時に花道からダッシュし身軽にトップロープを飛び越えて前転してポーズを決めるパフォーマンスで場内は大盛り上がり。対する菊地は元ルンピニースタジアム王者で元プロボクシング世界王者でもあるヨックタイ・シスオーがセコンドに。ゴングが鳴ると同時にFREDはロングリーチのワンツーを放ち、すぐに回り込むヒットアンドアウェー。接近すればダイレクトに顔面に届く膝蹴りと125kgの巨体に似つかわしくない軽快さで攻める。全日本新空手道選手権の重量級決勝戦を藤本京太郎と争ったハードパンチャーの菊地は、フック系のパンチ左右で迎撃するがFREDのステップについていけない。やがてFREDのロングパンチ左右が直撃し棒立ちになりグラついたところでダウンカウントが入る。再開後、一気呵成に責め立てるFREDはフルスロットル。パンチも膝も頭部に何発も被弾し弾けるように首を揺らすが、それでも倒れずにパンチを返す菊地のタフネスに観客がどよめく。しかし、段々と防御が追い付かなくなり一方的に打たれる菊地に顔面膝蹴りを直撃させ、強烈なパンチを連打でヒットさせるFREDと耐える菊地の間に北尻俊介レフェリーが割って入り試合を終了させた。沖縄ヘビー級の帝王として存在感を見せつけたFREDのKO勝利をリングアナが叫ぶと同時にリングに金色のテープが降り注ぎ、マイクを握ったFREDが「ハイサイ!(沖縄弁の挨拶) 俺がTENKAICHIのエフ・アール・イー・ディー、FREDだ!」と怒鳴りあげ、盛況の超満員興行を見事に締めた。


 


第15試合 セミファイナル TENKAICHI MMA バンタム級(61.3kg)タイトルマッチ 5分2回戦 TENKAICHI MMA ルール
〇仲宗根 武蔵(Theパラエストラ沖縄/TENKAICHI MMA バンタム級王者/60.4kg)
×大場 翔(天道會/TENKAICHI MMA バンタム級1位/60.9kg)
判定3-0(20-18、20-18、20-18) ※仲宗根はタイトル初防衛に成功。

昨年12月14日、TENKAICHIの同会場興行で失神KO負けの大番狂わせを見せてしまった仲宗根のタイトルを賭けた背水の陣で臨むリベンジマッチ。髪を鮮やかな青に染め上げた大場はアウェーのリングでも飄々とマイペース。落ち着きながらも意気込みを漲らせた様子が伝わる仲宗根は、開始早々にグランドに持ち込みサイドポジションからのグランドパンチを中心に常に上を取り攻め立てる。しかし、大場はストライカーながら巧みな防御で決定打は与えず、隙を見て立ち上がろうとするだけでなく、積極的に足関節を狙う場面も複数見せる。これに触発されたか一度は仲宗根も足を極めにいくが、それ以外は徹底して寝技で上になりパウンド。第2ラウンドにはやや疲弊した大場が仲宗根のパンチに苦しそうな顔をする。そのまま試合終了となり、判定は明確にフルマークで仲宗根勝利でタイトル初防衛。勝利者マイクで更なる躍進を宣言した。

  


第14試合 ヘビー級 3分2回戦 TENKAICHI MMA ルール
〇THAT GUY[ザット・ガイ](天下一道場沖縄/TENKAICHI MMA ヘビー王者)
×ルーカス・タニ(IMPACTO JAPAN BJJ/IBJJFアジアオープン柔術選手権優勝)
判定2-0(20-18、20-18、19-19)

在日米軍アーミー(陸軍)勤務のTHAT GUYはレスリングベースの典型的なアメリカンMMAファイター。愛知県から乗り込んできたタニは、在日ブラジル人の黒帯柔術家。試合は典型的なアマレスベースと柔術基盤のMMAマッチとなり、パンチとタックルでぶちかますGUYの下になったタニが寝技の攻防を狙う展開。それにしてもGUYのレスリングは強烈であらゆる体制からパウンドを落とす。時折、タニが足を決めに行くもGUYがこれに合わせて身体を回転させ危ない場面も作らせない。GUYの決定打がないものの圧勝ムードのまま試合終了の間際、タニがそれまで数発空振らぶらせていたバックハンドブローが直撃。これに軽くGUYがグラついて場内騒然。ラスト間近で逆転を狙うタニだが、GUYは懸命にディフェンスに徹しゴング。判定はマジョリティになりながらもGUYが勝利した。

 


第13試合 スーパーライト級(63.5kg) 3分2回戦 TENKAICHI KICK ルール
△中森“KING”宏(ワイルドシーサー沖縄/元プロボクシング日本ライト級1位、元プロボクシング全日本ライト級新人王/63.5kg)
△藤田 直希(team 粋喧/62.8kg)
判定1-0(19-19、20-19、20-20)

最近まで「沖縄で最も有名なボクサー」として勇名を馳せた中森のキック転向は、沖縄格闘技界で事件的ニュースとなり、「キック練習は数える程度」での本人希望による急発進デビュー戦は裏メイン的注目を集めた。相手は7戦3勝4敗のキャリアをもつ藤田。ボクサー時代と変わらぬデトロイトスタイルで足幅も広いスタンスを取る中森は自信満々の構え。これに藤田はムエタイスタイルで対抗しまるで異種格闘技戦の様相。果たして試合はパンチの中森、ローキックと首相撲からのヒザ蹴りの藤田という典型的な展開となる。中森のパンチが強烈なのは距離が合わずにブロックされても観客に伝わるほどだが、藤田は徹底してパンチの距離をつぶして接近すれば首相撲に持ち込む。この組み技にまったく対処ができない中森は強引にこれを振りほどくのが精いっぱい。藤田はローキックを直撃させ、左ガードが下がったままの中森に右ハイキックも直撃させる。試合も終了が見えたところ「ボクサーがそのままキックで通じない」が諦めムードになっていた刹那、クリンチ状態からいらついた中森が左手を藤田の肩に置いたまま近距離で強引に右フック。常識的には手打ちで効くはずのないパンチと思われたが、これで藤田がグラつき歓声が沸く。しかし、それ以上の有効打を藤田は当てさせずコツコツとローキック。そのままゴングとなり、ジャッジ1名はダメージで中森を支持したが、他2名が引き分けとして判定はドローとなった。

第12試合 TENKAICHI MMA バンタム級(61.3kg)次期挑戦者決定戦 3分2回戦(延長3分1R) TENKAICHI MMA ルール
◎祖根 寿麻(志村道場/DXFCバンタム級王者/61.3kg)
×ジェーン・ファングデンス(小川柔術/61.3kg)
KO2R

沖縄生まれの祖根は本拠は名古屋に置いており、故郷の島でこれが初試合。この試合は、この日のセミファイナル、仲宗根武蔵×大場翔の勝者に挑戦する権利のかかった次期挑戦者決定戦でもあり祖根の入れ込みは相当のもの。それに負けじと同じく愛知県から乗り込んできたファングデンスも気合十分。それは開始早々激しい打撃戦を繰り広げる両者のアグレッシブからも感じることができる。スタンドではリーチの長いファングデンスがややリードの印象で、組めば祖根が一方的に攻勢が取れる。そんな緊張感のある攻防が2ラウンド目に入り、フィニッシュシーンは突然訪れる。ファングデンスの前進、またはタックルに合わせた祖根の右ストレートがカウンターで直撃。そのまま身体を硬直させたファングデンスは失神したままマットに沈み、レフェリーはカウントすることなく即座に祖根のKO勝利を宣言した。マイクを持った祖根は次回5月31日の沖縄コンベンションセンター展示棟のビッグイベント「TENKAICHI 76」で’早くも実現濃厚な仲宗根戦の必勝を高らかに宣言した。

※第12試合に予定されていたヒロヤ・デラックス(ワイルドシーサーコザ)×Bengal Tiger[ベンガルタイガー](TEAM SAKURAは、ヒロヤの負傷により中止となりました。

第11試合 53kg契約 3分2回戦 TENKAICHI KICK ルール
◎DONDAKE~TOMOTAKE~(ASUKI GYM/TENKAICHI KICK フライ級2位、INNOVATIONフライ級8位/53.0kg)
×狼鐘闘[ロベルト](club E.D.O./52.5kg)
KO2R

第10試合 56kg契約 3分2回戦 TENKAICHI KICK ルール
◎No-Ri(ワイルドシーサー・コザ/TENKAICHI KICK バンタム級3位、INNOVATIONバンタム級7位/55.9kg)
×伊佐 亮(WARRIOR GYM/55.15kg)
KO2R

第9試合 59kg契約 3分2回戦 TENKAICHI KICK ルール
〇玉城 蓮(WARRIOR GYM/TENKAICHIフェザー級4位/59.0kg)
×新垣 竣太(Top Fighter/58.65kg)
判定2-0(20-20、20-19、20-19)

第8試合 ウェルター級(77.1kg) 3分2回戦 TENKAICHI MMA ルール
◎仲西 琉一 (reversaL Gym OKINAWA CROSS×LINE/TENKAICHI MMA ウェルター級3位/77.1kg)
×岩倉 豪(EAST END・CT/小川柔術/74.8kg)
KO1R

第7試合 ウェルター級(66.68g) 3分2回戦 TENKAICHI KICK ルール
×E.D-MTK[エレクトロダンスモトキ](reversaL Gym OKINAWA CROSS×LINE/TENKAICHI KICK スーパーライト級5位/66.7kg)
〇宮城 寛克(WARRIOR GYM/TENKAICHI KICK ウェルター級6位/66.35kg)
判定0-3(16-20、16-20、17-20)

第6試合 62kg契約 3分2回戦 TENKAICHI KICK ルール
〇糸数 清二(reversaL Gym OKINAWA CROSS×LINE/TENKAICHI KICK ライト級4位/61.2kg)
×稲嶺 徹(神風塾/TENKAICHI KICK ライト級9位/61.95kg)
判定3-0(20-18、20-19、20-18)

第5試合 ミドル級(72.57kg) 3分2回戦 TENKAICHI KICK ルール
〇Tomo(天下一道場沖縄/TENKAICHI KICK ミドル級5位/72.57kg)
×ウッチー(ワイルドシーサー・コザ/72.35kg)
判定3-0(20-18、20-19、20-18)

第3試合 バンタム級(61.3kg) 3分2回戦 TENKAICHI MMA ルール
△塩浜 康太(reversaL Gym OKINAWA CROSS×LINE/TENKAICHI MMA バンタム級2位/61.2kg)
△桂木 哲郎(SHINE沖縄/60.6kg)
判定0-1(19-19、20-20、19-20)

第4試合 フェザー級(57.15kg) 3分2回戦 TENKAICHI KICK ルール
△鉄弥(SHINE沖縄/TENKAICHI KICK フェザー級5位/57.15kg)
△真夜(SHIMAZILIANS/TENKAICHI KICK フェザー級9位/57.0kg)
判定0-0(18-18、18-18、18-18)

第2試合 フェザー級(57.15kg) 3分2回戦 TENKAICHI KICK ルール
×玉城 タスク(WARRIOR GYM/TENKAICHI KICK フェザー級6位/57.0kg)
〇我那覇 友麻(赤雲會/57.1kg)
判定(17-20、18-20、18-20)0-3

第1試合 ウェルター級(66.67kg) 3分2回戦 TENKAICHI KICK ルール
△ジェームス♡光(ASUKI GYM/TENKAICHI KICK ウェルター級8位/66.65kg)
△Kイチロー(Good Sun/TENKAICHI MMA フェザー級2位/66.25kg)
2R負傷判定1-0(20-20、20-19、20-20)

オープニングファイト第3試合 55kg契約 3分2回戦 TENKAICHI KICK ルール
×尚真 康暁(尚真ジム/56.95kg)
〇糸数 大樹(SHINE沖縄/54.5kg)
判定3-0(19-18、19-17、20-17)
※尚真、計量オーバーにつき1R減点2ポイントスタート。

オープニングファイト第2試合 59kg契約 3分2回戦 TENKAICHI MMA ルール
◎龍[リョウ](reversaL Gym OKINAWA CROSS×LINE/TENKAICHI MMA フライ級7位/58.45kg)
×竜之助(尚真ジム/58.9kg)
TO1R 裸絞め

オープニングファイト第1試合 スーパーライト級(63.5kg) 3分2回戦 TENKAICHI KICK ルール
◎古謝 直樹(WARRIOR GYM/63.0kg)
×ジャパニーズアーミー(南風原ジム/62.55kg)
KO1R

チャレンジファイト第7試合 2分2回戦 TENKAICHI KICK ルール
×新屋 康男(SHINE沖縄)
◎YUTTY[ユッティー](ワイルドシーサー・コザ)
KO1R

チャレンジファイト第6試合 2分2回戦 TENKAICHI KICK ルール
△高江洲 奨(赤雲會)
△中里 孝成(KICK BOXE CLUB)
判定1-0(20-20、20-19)

チャレンジファイト第5試合 2分2回戦 TENKAICHI KICK ルール
×RAIYA(天下一道場沖縄)
〇優真(ワイルドシーサー・コザ)
判定0-2(18-20、19-20)

チャレンジファイト第4試合 2分2回戦 TENKAICHI KICK ルール
△健[タケル](SHINE沖縄)
△海来[ミライ](ワイルドシーサー・コザ)
判定1-0(20-19、20-20)

チャレンジファイト第3試合 1分2回戦 TENKAICHI KICK ルール
△れんちゃん(reversaL Gym OKINAWA CROSS×LINE)
△ショーMAX(ASUKI GYM)
判定1-0(20-20、20-19)

チャレンジファイト第2試合 1分2回戦 TENKAICHI KICK ルール
△ケイト(reversaL Gym OKINAWA CROSS×LINE)
△ケイト(エボリューションムエタイジム)
判定1-0(20-19、20-20)

※チャレンジファイト第2試合に予定されていたリュウスケ(虎の穴)×マサヒロ(南風原ジム)は、リュウスケの負傷により中止となりました。

チャレンジファイト第1試合 1分2回戦 TENKAICHI KICK ルール
〇アイラ(ワイルドシーサー・コザ)
×リキ(エボリューションムエタイジム)
判定2-0(20-19、20-19)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

TENKAICHIさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。