関節を鳴らす行為は危険! | 東灘区 天上川接骨院 院長の何気ないブログ

東灘区 天上川接骨院 院長の何気ないブログ

読者登録・コメント・アメンバー申請 大歓迎です。
クレーム等の迷惑コメントは受け付けておりません。


テーマ:

今日は西宮に引っ越しされた患者さんが、腰が痛くなり近隣の接(整)骨院がたくさんある中、当院に来てくださってとても感激していた どうも~院長の池尻です。

 

患者さんの質問です。

「関節をポキポキ鳴らすのは危険なんですか?」

 

ズバリッ!!「危険」です。

 

 指を押さえて関節の音がなるのは、関節を動かすと関節包内の関節液の中に、陰圧が生じ気泡が発生してそれが消える時に周りの骨などに反響することによっておこると言われています。

関節を「鳴らす」というのは、関節に負担をかけることになります。

 

鳴らさない方がよいと思います。 また関節を鳴らすことによってゆがみが直るということ医学的に証明はされておらず、今のところデマという事になります。繰り返すと関節が肥大することも起こりうるのであまりお勧めできません。

 

ボキボキ鳴らすと、気分的にはスッキリしてよいのかもしれませんが、医学的にはそれで何かがよくなるということはないです